©FLW

ここ数年ですっかりと定着した “ジカリグ” を使用してのバスフィッシング。ジカリグというワードを使わないで説明するならば シンカーとフックが分離しており ワームが常にフリーな状態になるリグ が世界中で流行っている。自分も色々と使用してみたが、平均的にイージーにデカバスが 釣れた。惜しくもこれらを括るワードが まだ国内では まだ誕生していない。ただ 本国アメリカでは既に ハードヘッドジグ や スイベル・ジグヘッド、スウィンギング・ジグヘッド という括りが誕生している。


元祖!ハードヘッドジグの生みの親 “トミービッフル”

©BASSMASTER

これらのジグに辿り着くまでは、ちょっとしたストーリがある。このリグが公式トーナメントで登場したのが、2010年頃。トミービッフル という ベテランアングラーが 自身で開発したフリッピング用のバグワームを スウィンギング・フットボールジグヘッド に装着したのが始まりらしい。如何なるリグもネタ元がある訳だが、これらの件をビジネスと絡めて利益を出すモノが勝者だと思う。

お気に入りワームの紹介 ~ビッフルバグ~



これが ビッフルバグ です。なんだか アニメに登場しそうな容易でもあるが…



そして 彼が最も釣れるというアクションが “ボトムズル引き”となる。ズル引きのクランキングとも言うべきだろうか。地形変化が乏しい オクラホマ州の湖で デカスモールマウスをハントする為に生まれたリグとなる。バイトが集中するのは 小岩を乗り越えた瞬間で ワームがフリーになった時にだそうだ。ザリガニが猛ダッシュしているみたい!こりゃ喰っちゃうよね。


ビッフルバグ ワーム 紹介写真また 彼はエキセントリックなアイデアマンで、これらのワームに装着させる 大型ラトル や 内部チューブ に塗り込む専用の アトラクタントオイル 等を販売している。


The Gene Larew Biffle HardHead Jig and Biffle Bug plastic combo is credited for popularizing the tactic of fishing a jig like a crankbait. Although swinging jigs were already in existence, Tommy Biffle blew the lid off the tactic of straight reeling this combo along hard bottoms with a string of top tournament finishes. It remains a go-to tactic on fisheries throughout the country.

The HardHead jig consists of an articulating jighead attached to a worm hook. The loose connection between jig and hook allow jighead impacts and deflections with bottom and cover to be translated to plastic trailers. The result is increased sound, vibration and natural lure action that mimics everything from crawfish to bottom-dwelling baitfish. Although originally designed by Biffle for flipping and pitching, the Biffle Bug has become a favorite trailer for bottom-banging due to its large flat profile and constant leg action.

The HardHead excels on rough surfaces such as gravel and rock but the worm hook also allows this system to be fished cleanly through grass. This greatly adds to its versatility in mixed-cover bottoms, allowing it to be steadily retrieved like a crankbait but without the fowling and snagging that occurs with treble hooks.

©wired2fish