本日は月曜日で店頭は休み。来週で リップラップオーバーホールキャンペーン も終了となる。今期の依頼件数は 約300台 となった。自分が店頭でお客様のリールをお預かりして 完全にバラして組み上げるという事の作業はとても責任の大きい仕事だと思う。毎年、10%程の成長が手に見えるように見えた。


琵琶湖周辺は夕方になると ドーナツ状渋滞現象 みたいなのが起きる。西岸から東岸、そしてまた西岸と動く事が短時間の間にはほぼ不可能となる。そんな悩みを解消するのがバイクだが、荷物は載せる事ができない ホンダ社 ジャイロキャノピー はバイクの軽トラックといった所でノーヘルで乗れる。これからはこのキャノピーが 瀬田川日記 の相棒となる。感覚的には バイクボート といった感じかな?


天気予報

水位・雨量・放水量
日時 2019年 3月 25日 (月曜日)
琵琶湖水位 (6時平均) -1cm
洗堰放流量 (現在) 49m³/s
平均日雨量 (琵琶湖水域前年比) 2.1mm
水温 9.3℃

今年は例年通りの良い春を迎えている。水中の花もゆっくりと膨らんできたといった感じだ。


瀬田川 ~東岸エリア~

本日から瀬田川の東岸エリアを新規開拓します。今までこれなかった理由はズバリ駐車場がなかった事だ。別に路上駐車でいいじゃないか?と思うかもしれないが、近隣住民の目は厳しい。


本日から アブ社 ホーネットスティンガー2ピース を持参。バイクの膝に乗せれるから便利すね。


ソウルシャッドに PX58 とカメラバック。チョイ投げの仕事前スタイルなのだ。瀬田川サイコ~!!

PX68のギヤ比68からギヤ比58へローギア化


釣れん!


ジャイロキャノピー整備日誌 No.2 ~京都のモトリペアへ

一昨日は京都の上京区飛鳥井町 モトリペア さんへ。ここは関西屈指の ホンダ ジャイロキャノピー を専門にレーシングチューン している専門店。予め電話でアポを取りキャノピーを走らせる。瀬田川からは曲がってまっすぐいって2回曲がった所にある。


ちなみに写真が モトリペア さんのフルカスタムした ジャイロキャノピー 135cc トライク仕様 だ。ここまでできるのならばという事で自分の キャノピー を健康診断してもらう事となった。仕事で使うのでしっかりとながく動いてもらいたい。


到着!早速 インターホンを鳴らすを ドラゴンボールのブリーフ博士みたいな スーパーメカニックが登場。「おまっとさん。おいで」と呼ばれる。自分のキャノピーを運転してもらうと…


「60点やな~ エンジンは元気やで」と紙を渡される。思った以上にサスペンションや駆動系が悪かった。あとはパーツの在庫もまだまだあるみたい。自分のキャノピーは 初代1991年モデルの2スト。奇しくも91年はホンダの創業者の 本田宗一郎氏の没年。それでも30年前のバイクが現役で動く事は凄いなと思う一日だった。大切に乗りたいですね!