釣果関係 >全部見る フィッシングガイド釣果

フィッシングガイド釣果

こちらのカテゴリーでは「リップラップガイドサービス」の業務記録を残します。

琵琶湖バスフィッシングガイドリポート ~岸本様~ 28cm 8

琵琶湖バスフィッシングガイドリポート ~岸本様~ 28cm

リップラップガイドサービスの瀧川です。本日は琵琶湖でガイド業に勤めてまいりましたので報告です。最近の琵琶湖の様子ですが、先週まで強風が吹き荒れていました。水温の方も14度代をキープ。釣果の方ですがシャローがようやく釣れ始めたようです。 春のシャローカバーを捕獲セヨ! 本 日のゲスト様は滋賀県からお越しの岸本様です。岸本氏は19歳。来年から就職が決まりそうなので今年からバスフィッシングを始めたいとの事です。勿論、ボートフィッシングも本日がはじめてで持参したタックルは2本。リクエストは「カバー撃ち」過去のブログを回覧されて「自分も挑戦してみたい」との事です。 本日の琵琶湖は天気予報通りの釣り日和となったが、もの凄い量の花粉でホコリ塗れな湖上となった。少し風が吹いていてくれた方が丁度いいですね。 2016年4月16日(土) 6時の琵琶湖水位 -6cm 現在の洗堰放流量 7m³/s 前日の琵琶湖流域の平均日雨量 0mm 水温:15.0℃ 朝一はタックルのセッティングからです。岸本氏が持参したのは メガバスのオロチとアブのベイトリール。そしてスピニングが一本。ワームは数パックのみ。本日は成るべくカバー撃ちへの案内で時間を調整しました。 やや遅めのスタートです。 今日一日がんばりましょう! 井筒沖は大船団になっている様子。 いってきます! 向かったのはアマゾン野洲川です。 念願のカバーフィッシングに挑戦です。「想像以上に難しいです...」 見えバスがチラホラ。良さげなカバーが沢山ありました。 終了、間際は南湖に戻り... ライトリグに挑戦! アタリは結構あります。 小さいですが初バスです。ピース。 私にもヒットです。 ここでタイムオーバーとなってしまった。次回に少しサービスさせて頂くという事で本日は終了です。岸本様、本日は有り難うございました。またよろしくお願い致します。

琵琶湖バスフィッシングガイドリポート ~阿部様~ 60cm

リップラップガイドサービスの瀧川です。本日は琵琶湖でガイド業を行ってきましたのでリポートです。今秋の連続的に発生した台風の影響により 関西地方 のフィールドは一気に水位上昇と水温変化が見られました。琵琶湖水系も同じく南湖全体の多数のウィードは飛ばされ 先月まで クリアアップし ていた水質は濁りへと変化しました。釣果や訪れる人の数も ややアップした今月の琵琶湖でした。 今年も栃木から琵琶湖へ ~秋バスを仕留める~ 本 日のゲストは栃木県からお越しの 阿部様です。今回で 3回目 のご利用となります。今回も 秋休みを利用しての 琵琶湖6連日釣行...

6~7月のガイド業務につきましてお知らせいたします。

6~7月のガイド業務につきましてお知らせいたします。5月下旬から6月の梅雨入りする頃になると バスの産卵が終盤を迎えます。そして 水温が23度位を境に 魚が活発に餌を追い始めます。一般論からですと この時期は「どこのレンジでも どんなルアーでも 最も釣りやすい季節」となります。6月は ミドルレンジ (3.0m~2.0m) からシャローレンジ (2.0m~1.0m)、そしてトップウォーター。7月は ミドルレンジの巻物、ストラクチャー や ウィードのフォール系の...

琵琶湖バスフィッシングガイドリポート ~原田様~ 49cm

リッ プラップガイドサービスの瀧川です。本日は琵琶湖でガイド業を行ってきましたのでリポートです。先週から産卵を終えた魚が元気にシャローレンジに差してきており バイトもとれるようになってきました。西日本は 梅雨入りが記録的に遅れているらしく 週の中頃にようやく梅雨入りとなりそうです。ただ釣れるエリアがハッキリとしており 魚のコンディションはやや悪めな 梅雨シーズン到来間近な琵琶湖でした。 またまたまだ巻くよ ~クランクベイト~ 本 日のゲストは大阪からお越しの 原田様です。今回で3度目のご利用となります。普段は琵琶湖~瀬田川にて夜釣りを楽しんでおられるそうです。好きな釣り方は 巻き(クランクベイト、スイムジグ等) ボートフィッシング釣行は年に2.3回、好きなタックルがあれば直ぐに購入する派、どちらからと言えば "釣り" というソフトをライフスタイルに取り入れたいクライアント様でした。今回は巻き展開のみで一緒にポイントを周ってみました。果たして釣果は如何に?! 本日は満員御礼なビワコマリン。早朝から第一駐車場は満車でした。 天気予報 水位・雨量・放水量 日時 2019年...
2017年5月19日 琵琶湖ガイドブログ 釣果写真

琵琶湖バスフィッシングガイドリポート ~田島様~ 49cm

リッ プラップガイドサービスの瀧川です。本日は琵琶湖でガイド業を行ってきましたのでリポートです。今週から南湖の平均水温が20度代に突入。また至る所でウィードが伸びてきており、釣果も右上がりな今週の琵琶湖でした。 東京から琵琶湖へ ~3リグ3フィッシュ~ 本 日のゲストは東京都から、お越しの田島様です。バス歴は5年未満。いつも休日は相模湖でフット付きエレキボートをレンタルされて、週末をエンジョイされているそうです。今回は出張で関西に来られたので、ついでに琵琶湖でボートフィッシングに挑戦してみたいとの事です。本日はベイトリールで釣りたいとのリクエストです。そして挑戦して頂いたリグは ①テキサスリグ ②ヘビダン ③ベイトネコリグ でした。バイトはかなりありましたが、ショートバイトに悩まされた一日となりました。 天気予報 水位・雨量・放水量 日時 2017年 5月 19日 (金曜日) 琵琶湖水位 (6時平均) -2cm 洗堰放流量 (現在) 100m³/s 平均日雨量 (琵琶湖水域前年比) 0mm 水温 20.6℃ 本日は今年初の夏日となった。15:00には今年度の最高気温を記録した。 クライアント様は始発の新幹線で京都まで来られるそうな。 タックル紹介 タックルはこれだけ!ワームやレインジャケット等がコンパクトに収納されている。 ロッドは...
琵琶湖バスフィッシングガイドリポート ~竹中様~ 46cm 14

琵琶湖バスフィッシングガイドリポート ~竹中様~ 46cm

リッ プラップガイドサービスの瀧川です。本日は琵琶湖でガイド業を行ってきましたのでリポートです。9月4日。湖上では既に秋の深まる気配が感じられました。九州南部で発生した台風12号の影響により爆風に見舞われた今週の琵琶湖でした。 続 ・ヘビダンを克服セヨ 竹中様 本 日のゲスト様は毎度、お馴染みの竹中様です。竹中氏は今年からビワコオー プンも参加されたいとの事で全戦出場でのリップラップガイドサービスをロックアウトでのご利用です。本日は9月25日に開催されるビワコオープン第4戦への向けてのプラクティスです。今回のリクエストは前々回から依頼を受けていた「ヘ ビーダウンショット」の特訓です。本日も色々と苦労がありましたが、最終的には満足して頂けたようでした。 時計の時刻は6:16。マリーナに出勤です。 本日は曇り時々の雨の予報だったが、晴れに晴れた。 2016年9月4日(日) 6時の琵琶湖水位 -36cm 現在の洗堰放流量 17m³/s 前日の琵琶湖流域の平均日雨量 0.1mm 水温:26.5℃ タックル紹介フィネスからストロングまでのロッドが並ぶ。本日は悪天候の予報だったのでビックベイトでご案内しようと思いましたが、晴れてしまったので急遽プランを変えてのスタートとなった。 いよいよ出船です。 まずはチャンネルラインで様子を見ますが、チビのアタリばかりでした。雨予報だったので半袖に短パン+フェイスガードのクライアント様(笑) 私も同じく... 水温が下がりチビの活性が異常に上がっています。ロッドのテストにはいいですね。 野洲の川へ移動します。 野洲ゾン川へ来ました。 流しながらの上流へサイトに挑戦する為に上がります。 水深10センチ。座礁しながら魚を探すが...お留守でした。 南湖へ戻ります。 本湖は爆風で釣りが出来なくなってしまった為に風裏に移動です。ここではヘビダンに再挑戦です。 竹中様はまだヘビダンで魚を釣っていない。正確には成し遂げていない。 私にもヒット! 秋になっても 撃つべし!撃つべし! おっ? ヒット?「動かないよ。なかなかいいサイズみたい。」 残念。ばれちゃいました。「このフックにしてください。」でまたまたヒット。 ズン!46センチ (>°))))彡) やりました。5月の練習が今日に結び付きました。 ここでタイムアップとなり本日の業務は終了です。かなり厳しい展開でした。竹中様、本日はありがとうございました。またよろしくお願いします。P.S...

最新の記事

琵琶湖湖上へ (12月28日) 一年間ありがとうございました。

早いもので 2019年 令和元年 も終わりを迎える。今年は 急激に激変した琵琶湖に 対応するべく色々と動いた年で 秋からドタバタとしてしまい 自分のために時間を費やす事となった。マリーナも 来客数 が少なくなったという事で  ボート保管会員 の差別化を図るため テント保管クラス を新設して...
error: