こちらのコーナーは「春」についてまとめてあります。

スタッガーヘビダンで春琵琶湖を攻略!! (永野総一朗)

HIDEUPスタッフ・永野総一朗ガイドが、この春実践して安定した釣果を出している春の超定番・スタッガー3inヘビダンの釣りを実釣を交えて紹介。ボートオーナーはもちろん、レンタルボートでも魚探1つあれば実践できるこの釣り、ぜひ体験してみて下さ­い。春のコツコツバイトはたまらんばい!
琵琶湖バスフィッシングガイドリポート ~里様~ 00cm 7

琵琶湖バスフィッシングガイドリポート ~里様~ 00cm

リッ プラップガイドサービスの瀧川です。本日は琵琶湖でガイド業を行ってきましたのでリポートです。最近の琵琶湖ですが陸では春らしい気候ですが、水中はまだ真冬の真っ最中といった感じでした。ただ冬のポジションで大型が釣れている今週の琵琶湖でした。 燃えよ里さん!プリバスを捕獲セヨ!! 里様 本 日のゲスト様は毎度、お馴染みの里様です。里氏は今年から琵琶湖でのシャローを攻略したいとの事でお付き合いです。「シャローでのフリップやピッチングでメインにがんばりたい」との事です。スピニングロッドは所有しておらず、今年はタックルのバランスも兼ねて琵琶湖のオカッパリにも通われるそうです。今回のお題は前回に続く「早春のデカバス捕獲」でしたが、残念ながら本日はノーフィッシュだったのでレポートのみとなります。 朝一の瀬田川は湯気が立っていた。 今日の琵琶湖は春らしくなり、琵琶湖に浮くのは丁度いい天気だった。これに釣果が伴えば文句は無かった。 2016年3月3日(木) 6時の琵琶湖水位 -15cm 現在の洗堰放流量 120m³/s 前日の琵琶湖流域の平均日雨量 1.9mm 水温:7.5℃ 朝一はタックルのセットからです。今年の里さんの目標の一つにタックルのパーフェクトセッティングを出す事があります。それなので自分のあるだけの知識と経験を里さんにフィードバック&提案していきます。このTD-Zは全部改造してあり、ギア比は ①7.0 ②6.3 ③5.7 ④5.1 と4種もある。これにスプールとラインもスタイル別に換えてある。現場系のタックルバランスで勝負です。ベースボディはオークションで8000円程。 本日もマリーナは当艇だけだった。例年の琵琶湖は3月上旬には沢山の人が居たが... 本日は東岸の岩場のエッジを狙っていくプランとシャローをピッチングで狙った。 ルアーはアラバマスタイルです。バンディッド200と300、そしてストライクキングの3XDを使用した。全部3つずつあるので無料でレンタル可能です。 ボートのボジションを上手くとりキャストを繰り返して頂きます。 反応は得られずでシャローに移動です。 水温は9.2℃と以外と高い。50オーバーの見えバスも発見した。キャストして頂き、反応させたが、喰わせられず。お腹は空いているようだった。 リグは里さんの18番。ケイテックジグにケイテックワーム。撃っていったが、いろいろな問題もあり時間が過ぎていく... 本日は残念ながらタイムアップとなってしまった。出れば出たはずの結果は0の失敗!里様、本日はありがとうございました。また宜しくお願いします。 トップガイドの割れ ゲスト様が巻く途中にジョリジョリ...ガイドが割れており、このロッドは使用できなかった。今回は私のスペアで無料で修理という事で穴埋めサービスです。ありがとうございました。
琵琶湖バスフィッシングガイドリポート ~村橋様~ 47cm 20

琵琶湖バスフィッシングガイドリポート ~村橋様~ 47cm

リッ プラップガイドサービスの瀧川です。本日は琵琶湖でガイド業を行ってきましたのでリポートです。先週より日本列島に吹き荒れた強風により琵琶湖は激荒れ。例年より深いエリアでの釣果が目立ち大型を狙い撃つのが難しい2016年の春琵琶湖。今年はレンジによって釣れる魚が別れるように思えた今週の琵琶湖でした。 デカバスを捕獲して東京へ帰還セヨ 本 日のゲスト様は東京よりお越しの村橋様です。村橋様は家庭的な事情でバスが出来るのは、年に一回。そして去年の釣行は5月に一度、琵琶湖に訪れただけだそうです。昨日の早朝に東京を出発されて、昨晩に滋賀県に到着。そして今日を迎えられました。本日の持参されたロッドは2本のみ。お題はズバリ「デカバス狙い!」です。結果はかなり厳しい一日となりました。 朝は6:35に大津駅にクライアント様を迎えにあがります。 本日の天気は思ったよりも風は吹かなかったが、雨が降った。春の琵琶湖上空は目紛しく変わるので注意が必要ですね。 2016年4月18日(月) 6時の琵琶湖水位 6cm 現在の洗堰放流量 70m³/s 前日の琵琶湖流域の平均日雨量 7.2mm 水温:16.00℃ タックル紹介タックルは2本のみ。正直な所、今の琵琶湖はこれ位が丁度いいのかもしれない。 本日は観光も兼ねて、人工島からプリンス、カネカから赤野井へとグルッと周りながらライトリグで探ってみる事にしました。「瀧川さん。僕はいつもガイド日記を通勤電車の中で観てるんですよ。ついに登場しちゃいますよ。」 朝一の琵琶湖は静穏。 鮎が結構はいっておりました。 イェイ! あれが大津プリンスホテルでございます。 これが北山田の取水塔でございます。 デカバスを求めて移動します。発車オーライ。 3.5メートルラインでは... こんなチビしか釣れないです。 デカバスは4.5mラインにいる様子です。 雨が降ってきました。 おっ!ヒット。 47センチ!(>°))))彡) やりました!! 次はプリ狙いにシフト! なんと私にヒットです。 なんと最後の最後にバスから逆襲をくらったクライアント様。これはきっと「また琵琶湖に来いよな!」というバスからのメッセージに違いないと思います。村橋様、本日は一日、ありがとうございました。また機会ありましたらよろしくお願いします。 P.S おみやげを頂きました。東京ばな奈!ごちそう様でした。
瀬田川へ (3月31日) 3

瀬田川へ (3月31日)

本日も16:30に仕事を〆て瀬田川へ...一昨日に六文銭さんが60を釣っておりました。 気温は20度になり春の気候。ホコリの様な花粉が舞っています。 2016年3月31日(木) 6時の琵琶湖水位 -7cm 現在の洗堰放流量 20m³/s 前日の琵琶湖流域の平均日雨量 0.3mm 水温:12.50℃ なぜかシャローでデカバスが釣れておらず、桜が開花してしまった。春らしくない春が到来。今年はデカバスは深くプリプリしていますね。アメザリマニアックです。これで釣りたいです。 本日はセタガワジグ(アメザリジグ)のプロモーションヴィデオを作りました。写真を貼ってアングルは固定なので、大昔のヴィデオ:黒沢明の羅生門チックに見てる人の目を這わせて「魅せる」を真似ました。左上から右へと時計周りにスパイラルのラインを走らせて真ん中で落として、ヒックリ返しました。ミュージックは98年のジャングルベースのみを使用。水槽はアクリル板で特注で製作してもらいました。薄くて後ろにモザイクが入っています。後ろをボケさせると前のルアーが奇麗にみえます。思ったよりも良かったです。ただ編集ソフトはオモチャみたいなソフトで使えない... 来年には凄い映像に取り組もうと思います。バスフィッシングの映像は動かないので面白くないが、動かす事が出来ればもの凄く面白い映像ができます。世の中は思っていた以上に動画主体のネット社会に移行していると感じています。同時にAPIも凄まじいスピードで進化しています。これからはなんでも自分自身で出来ないといけない時代にますます突入し、もの凄い勢いで格差が付いていくと思います。 今年の目標である"リールオーバーホール受付"で検索すると...5位です。1位がシマノ社、2位がダイワ社、6位がピュアフィッシングジャパンです。1位を頂きます。 "バス釣り人気ブログ"は今3位です。 オーバーホールの受付もラストスパートです。沢山頂きました。有り難うございます。今からリップラップ店に行って参ります。12月からのオーバーホールキャンペーンも間もなく終了です。今季は今日までに80台を任務完了しました。
新ミノー "RERANGE130SP" 実釣&説明!! (早野剛史) 4

新ミノー “RERANGE130SP” 実釣&説明!! (早野剛史)

リレンジ130Spとは?・・・JBTOP50メンバー “早野剛史” 監修のロングミノー。ハイピッチなロールを見せながら潜行し、約1.5~2mレンジまで攻めることが可能。”TGゼロフリクションスライド構造” という特殊重心移動システムを搭載し、向風にも負けない圧倒的な飛距離を実現。”リレンジ130SP” はリトリーブだけでなく、トゥイッチやジャークでも使いやすい設計になっており、トゥイッチを加えれば、バランスを崩すことなく、綺麗に左右へダートします。また、ひとたびアクションをストップすれば、静止時に “ブルっ” と身もだえし、ステイします。
琵琶湖バスフィッシングガイドリポート~西村様~ 19

琵琶湖バスフィッシングガイドリポート~西村様~

本日は琵琶湖にてガイド業を行ってきましたので報告です。本日のクライアントは西村様です。ライトリグと魚探を駆使して釣りをしてみたいという事で、一緒に湖上へ午前中プランで浮かばさせて頂きました。 ダウンショットで鮎バス回遊を狙い撃て! 湖上は朝からのあいにくの南風3m程の強風です。南風は本当に釣れません。もしこれ以上、風が強くなるならば中止の強さでした。 エリア紹介 今日の釣りをしたエリアの紹介です。昨日に下見しておいたエリアがメイン。1は琵琶湖マリン横ブレイク。2はマクドナルド沖2~3mライン。2つのポイントを行き来して様子とタイミングを合わせて行く事にしました。 湖上で今日狙う、ポイントの説明です。(絵は私がボート上で描いたもの)2.5mのミオ筋から1.5mのフラットを説明して3つのハンプの上にウィードがパッパッと生えています。そこでハンプの周辺でフィーディング待ちしている大型の個体を狙うプランです。釣れちゃった!のではなく、ここの魚をこうやって狙いますと、いわば「狩猟的」に狙う事をご説明させて頂きました。 早速、マクドナルド沖を3.5gヘビダンで様子を見ますが、風でラインスラッグが上手く出せず、リグがコントロール出来ない為に一旦、1.5mラインに戻る事にしました。 マクドナルド沖で狙っていた魚探の映像はこんな感じです。本日は魚が映った回数は少なかったです。 ここで私が西村様のロッドをリグってセットをします。用意したのはスピニングに2.2gのダウンショットにリーダーは少し短めです。ミオ筋のボトムを狙う事をご提案させて頂きます。どうやら魚が沈んでいるようです。 キャストしてシェイクとステイを繰り返すと...ゴンっ!とビックバイトです。 ジリジリ..チーチーチ...ジリジリ..チーチーチ...結構、いいサイズの様です。 ファイトに時間が掛かります。ゆっくり落ち着いて〜 釣果 やっと現れた46センチ(>°))))彡)の魚です。狙って捕れた魚は格段に価値のある一本です。おめでとうございます。 魚探にも鮎の群れが映り始めた10時頃のバイトでした。 10時半頃になり風向きが北風に変わりました。大物を狙う為にマクドナルド沖のドナルドフィッシュを狙いに行きます。 移動して数投目に西村様に強烈なヒットです!ジリジリジ〜〜〜〜〜と止まりません。上手くやり取りして、魚が何回もジャンプします。推定53センチ位あります。落ち着いてください!絶対に捕りますよ!そしてボート際まで寄せてランディングした瞬間に... ジャンプして...ポロンッ...とバレてしまいました。 タックル紹介 本日の活躍したルアー「ZOOM ミートヘッド(プロブルー)」です。このカラーがメチャ効きました。シッポを縦になるようにしてセットするのが良かったです。 20バイト程とれてサイズを選ばなければ結構釣れます。西村様。今日は一日有り難うございました。リップラップガイドサービスをこれからもよろしくお願いします。 追伸:今回のばらした原因はやっぱりタックルバランスでした。クライアント様のロッドのテーパーがスローハードな物にダウンショットを結んでしまったが為に起きた原因だったと思います。ダウンショットはリグの構造上、魚がワームを加えた途端にシンカーのテンションが抜けて、あたかもフッキングしているかの様に思えるのですが、実はフッキングしていない事も多いのが事実です。あとからお話した所フッキングはしていなかったとの事。やはりガイド用にレンタルロッド(表記的には63MHXF)は一式用意して置く必要があるな〜と思った一日でした。

最新の記事

琵琶湖湖上へ (4月9日) そろそろ動いてきた

本日も正午過ぎまで湖上調査へ。瀬田川周辺の桜は 既に散り始めている。長い冬が明けた途端に また冬が到来したといった感じで人もまばらかな...それでも休日は散歩している人は多い。おかっぱりの数はとても少なかった。 本日も午後から強風が吹く予報なので はやめに準備を済ませます。 いい天気でしたが ボートの数はポツポツ程度... 天気予報 水位・雨量・放水量 日時 2020年 4月 9日 (木曜日) 琵琶湖水位 (6時平均) 7cm 洗堰放流量 (現在) 15m³/s 平均日雨量 (琵琶湖水域前年比) 0mm 水温 12℃ 相変わらずな週末だけ 爆風悪天候パターンな週間予報。今年は強風日が多い気がしますね。 ここ最近の使用してるルアー達の紹介。このうち バイブレーション と...

2007909

error: