リール

こちらのカテゴリーでは「リール」についてまとめてあります。

ベイトリールリペイント (シマノ メタニウム) 1

ベイトリールリペイント (シマノ メタニウム)

SHIMANO 15 METANIUM XG リールリペイントが完成したのでアップします。 カラーはマジョーラにスーパークリア。レッドのカスタムパーツが馴染みます。 塗装後は2種類の研磨剤で磨き上げました。 マジョーラはレッドやブルー、ブラック等々。色々なコスメに合います。雰囲気が「ガラッ」と変わる所もカスタムの楽しい所です。 これから完成したリールは随時アップしていきますのでお楽しみに ;-)

オーバーホール日記#95:シマノ ’98 アンタレス 修理&注油

秋田県のお客様よりオーバーホールで受付けしました シマノ '98 アンタレス です。オーバーホールは最低限のベアリング交換&各部の見直し「Bコース」での受付です。また来週末までに使いたいなどのリクエストも受付可能です。こちらからお問い合わせください。但し、修理や部品の取り寄せに時間の掛かる場合も ありますのでご了承ください。 こちらのリールの内部からゴリゴリとした異音が発生。時々、巻きが急に重くなる症状でした。こちらのアンタレスは量販店では 既に修理やメンテナンスは受け付けてくれません。 写真の様にドラグプレートの上にグリスの跡が... 何かがおかしい... どうやらドラグを緩めるとワンウェイクラッチベアリングが動いてしまうようです。 ベアリングからもサビが発生! ボディも洗浄と磨きを掛けます。パーツも異常がないかチェックを入れます。 写真では解り難いですが、よく見るとアームレストが若干ネジれていました。リールをかなりの力で踏んだような形跡がありました。その時に何かしらのズレが発生していた様です。今回は上手く修復できました。 初代アンタレスはメインギアとピニオンギアの供給が停止されています。今回は幸いにもギア関係には問題は無かったです。 この辺もチェックです。 清掃後に各部をチェックで異常なし。今回 の代金は4000円+ベアリング5つ(3000円)交換でした。未だに琵琶湖周辺でも熱烈なファンが多い初代アンタレス。オーバーホール承ります。リールは大切に!

オーバーホール日記#85:シマノ ’15 メタニウムDC 注油&調整

オーバーホールで受付けしました シマノ '15 メタニウムDC です。ご自身でカラーパーツを装着してから少し調子が悪いとの事です。社外製のスプールがリールにセッ トして おり、メーカーにて修理やオーバーホールを断れた方の依頼も受付可能です。また当店から運送会社に伝票を印刷させた上での荷物のピックアップサービスも可 能です。梱包のみお客様にてお願いします。 ご自身でオーバーホールやカスタムをされる方の鉄則は「壊して覚える」です。事実上の高い授業料になりますね。4万円ならば安いかな? 今回は巻き心地がびっくりする程の堅さでした。 ネジ山を舐めてしまい開けれないリールも別途工賃でやります。お問い合わせください。 パーツを組み上げた時にグリスが塗っていない様子でした。 その他にも色々と原因を探します。展開図 原因はコレでした。何故か傾いていました。再度のパーツの状態をみて組み上げます。 この十時の中にもしっかりとグリスを塗ります。 こんな所もしっかりと見ます。 パーツとパーツを組んだ後にしっかりと、動作ができているか確認します。ハマっていてもしっくりこないとか、動いていてもイマイチな動きだったりとケースバイケースです。ただ組み上げるとガチガチになってしまう事があります。そういう時はやり直しましょう。 しっかりとグリスを塗ります。 今回は代金は3500円でした。リールは大切に!
タックルの紹介 (TD-Z 103HL:ベイトリール) 5

タックルの紹介 (TD-Z 103HL:ベイトリール)

私のタックルを紹介します。私のタックルは TD-Z 103HL のフルチューンカスタムです。自分はアマチュアトーナメント歴10年です。自分の中での基本は 5gのテキサスです。経験上、テキサスで釣る事が出来れば"勝ち"に絡めます。理由はライトリグ勢よりもウェイトが出せるからです。色々と試した結果このリールに辿り付きました。(STEETZ 103HLも売却)このリールには"ある機能"が付いているんです。 このリールはご覧の様にクラッチが横に付いていますよね。自分はこのクラッチをスイッチとして使っています。そうですね! 部屋の電気のスイッチと同じです。(説明書にそうやって使うな!って書いてありますが...)つまり右手のみで撃てるんです。この機能はかなり便利です。カバー撃ちって本当に、何回も何回も... "撃つ"作業なので左手を毎回、使うと効率が悪いです。それなの片手でロールピッチとフリッピング・ピッチングで全部滑り込ませて行きます。*参照 ハンドルはスタジオコンポジット86mmのオフセットです。一昔前まではカーボンプレートを曲げる技術は無かったのに凄い技術です。 赤Zもあります。(紫Zと緑Zは西の湖に水没させてしまいました)こっちはオイルのベアリングの"粘度"を変えてあります。ちなみにギア関係のグリスは自分はドライ派です。あと、ボディが歪むのでウレタンを配合したものを吹き付けで、少し焼き付け塗装で補強しています。残念ながらこのリールは10g以上のリグには剛性がないのでお勧めできません。ですが、"チョイ撃ち"には持ってこいなリールです。あと垂直系のメタルとかでも使用している方が多いです。塗り方とか磨き方もこのコーナーで紹介していきます。 ギャラリー:

ベイトリールリペイント (TD-Z 103ML)

DAIWA TD-Z 103 ML リールリペイントが完成したのでアップします。 カラーはマジョーラとチャートリュース。スカイブルー系のパーツを全部装着。フロントのメッキグリルも剥離後に塗装。 ドラグカラムのアルミパーツも剥離後にスカイブルーに塗装。クラッチ系のプラパーツも焼き付け塗装。 ノブはダイワのSLP製のモノ。スカイブルーとチャートの色合いはクールだと思います。上手くコーディネートできたらカッコイイです。X-MENシリーズでやってます。 これから完成したリールは随時アップしていきますのでお楽しみに ;-)
ベイトリール塗装リペイント (シマノ '07 メタニウム) 2

ベイトリール塗装リペイント (シマノ ’07 メタニウム)

SHIMANO '07 METANIUM リール塗装サービスで受付しました '07メタニウムです。元々のベースに傷が付いていましたので 修復も兼ねての塗装です。塗装の依頼を頂ければ オーバーホールはサービスとなります。 1.カラーは光沢ブラックにスーパークリアの吹き付け。 2.塗装後は2種類の研磨剤で磨き上げました。 3.とにかく毎日 フィールドに通う現場系のアングラーにオススメです。 これから完成したリールは随時アップしていきますのでお楽しみに ;-)

最新の記事

琵琶湖湖上へ (12月28日) 一年間ありがとうございました。

早いもので 2019年 令和元年 も終わりを迎える。今年は 急激に激変した琵琶湖に 対応するべく色々と動いた年で 秋からドタバタとしてしまい 自分のために時間を費やす事となった。マリーナも 来客数 が少なくなったという事で  ボート保管会員 の差別化を図るため テント保管クラス を新設して...
error: