リール

こちらのカテゴリーでは「リール」についてまとめてあります。

ベイトリールのメンテナンス ~ドラグ機能の確認方法~ 5

ベイトリールのメンテナンス ~ドラグ機能の確認方法~

ベイトリールのドラグに付いて残して置こうと思います。ドラグが滑る?ドラグが効かない?ドラグは何時交換すればいいの?等々の疑問はあると思いますが、まずそのリールのドラグは機能しているか確かめてみましょう!ここでは店頭で行っている方法で紹介します。 ドラッグチェックは定期的に行おう! 今回はジリオンのドラグをチェックします。まずリールを持ちます。 ここでグリグリとスタードラグを巻きドラグを締め上げます。止まるまで... そうしたらスタードラグとハンドルを一緒に持って回してみます。ここでズリ〜と簡単に滑ってしまったらドラグが効いていない証拠です。キュキュというようなアクションが感じられればOKです。色々なリールを触りましたが、殆どのリールはそう簡単に滑りません(メーター級の鯉などが掛かった場合は除く)よく中古のリールなどを購入された方で滑る事が普通だと思っている方がいます。そんな方は交換メンテナンスをしましょう。ドラグが滑ると大きな魚が掛かった時にズリズリでやり取りが出来ません。 ドラグ滑りの原因はドラグワッシャーと言われる部品のヘタリが原因ですが、一概にはこれが悪いという訳でもありません。組み込みの際のワッシャーが抜けていたり、リールを水没させてワッシャーの表面のグリスが固着して滑る原因になっていたりと色々です。ワッシャーの組み替えやドラググリスの塗布で直る事があります。個体差が激しいです。特にドラグワッシャーが一枚しか使われていないリール(スコーピオン等)はメンテナンス回数を多くする必要があります。リールは大切に!
18 バンタム MGL フルベアリング化 写真

シマノ ’18 バンタム MGL をフルベアリング化にする…交換方法

シマノ '18 バンタム MGL 今回はフルベアリング化 チューンの紹介です。これは本来ベアリングが入る場所に プラスチックブッシュがセットされているので、それらのプラスチックをベアリングに置き換えるという簡単なチューンです。巻き心地がシルキーになります。SEO対策で残して置きます。参考までに。 '18 バンタム MGL の巻き心地を追求する ~フルベア化~ まず チューンをしてしまうとメーカーからのオーバーホールサービスが 受けられなくなるので注意してください。18...

ベイトリールリペイント (TD-Z 103HL)

リールリペイントが完成したのでアップします。 カラーはマジョーラとチャートリュース。パープル系のパーツを全部装着。四角モノにマジョーラを塗ると丸く見えるのがマジョーラの最大の魅力ですね。 スプールはZPI製の旧マグネシウムスプール。ベースがキズだらけだったのでリファインしました。 ノブはダイワのSLP製のモノ。上手くコーディネートできたらカッコイイです。バスフィッシングが上手い方が使っていたら尚更カッコイイです。 これから完成したリールは随時アップしていきますのでお楽しみに ;-)
Abu Cardinal 33 1974年製・リペイント (マジョーラ) 1

Abu Cardinal 33 1974年製・リペイント (マジョーラ)

Abu Cardinal 33 SPINNING REEL リールのリペイントが完成したので紹介です。 Abu Cardinal 33 のオリジナルをリペイントしました。 カラーはブラック、マジョーラー、クリアーです。面の研磨に時間が掛かりましたが仕上げはとてもいいです。 マジョーラーは見る角度から色が変わるカラーです。横で釣りをしている人が一番欲しくなってしまうようなカラーです。大切に使って頂きたいですね。
ダイワ TWS シリーズをフルベアリング化にする...交換方法 2

ダイワ TWS シリーズをフルベアリング化にする…交換方法

最近、店頭に来店されるお客様でよく問い合わせのある TWSやジリオンのフルベアリングチューン(BB化) これはベアリングが入る場所にプラスチックベアリングがセットされているので、それらのプラスチックをベアリングに置き換えるという簡単なチューンです。巻き心地がシルキーになります。SEO対策で残して置きます。参考までに。 ダイワTWSシリーズのやっておきたいチューン ~フルベア化~ まずはオープン!赤いビス3点を外します。 そして メインギア を抜きます。 次に ウォームシャフトギア を外します。(TWS系は全く同じ) ウォームギヤのベアリング化。このギアも比較的、脆いパーツなので慎重に外します。展開図 黒く見えるのがプラベアです。旧ジリオンも同様でココを換えます。反対側にもあります。 スポッと抜きます。ベアリングサイズは5x8x2.5です。ハンドルの中身のベアリングと同じ容量で交換です。ちなみにこのベアリングは絶対に防錆であるステンレスベアリングを使用してください。水に濡れる所ですので直ぐに錆びます。 両サイドにカチッとはめます。プラパーツ同士の間にもオイルグリスをしっかりと塗ります。 次にハンドルの中身のベアリングも交換です。ベアリングサイズは4x7x2.5です。内側だけです。それなのでベアリングは全部で6個必要です。買取武蔵ではベアリング代金込みで約4000円で交換が可能です。 オーバーホールを同時に頂ければ無料で交換します。メーカーではやってくれません。 まずインプレションは軽いカチャカチャ感から機械系のカチャカチャ感になった感じです。釣果は保証できませんが、釣果に繋がる心地良さは実感できると思います。これ極めて重要です。

オーバーホール日記#88:ダイワ ジリオン TW 1516 XXH 洗浄

オーバーホールで受付けしました ダイワ ジリオン TW 1516 XXH です。今週末までに使いたいとのリクエストでした。店頭にてスタッフと時間のやりとりが合えば一時間程で引き渡しも可能です。こちらからお問い合わせください。但し、修理や部品の取り寄せに時間の掛かる場合もありますのでご了承ください。 1.完全バラバラにします。2.洗浄&ブラッシング、磨き上げ 3.各パーツの点検。展開図 TWSリール、及び、ジリオンの方はフルベアリングチューンも同時に承ります。オーバーホール時にお申し付けください。 今回 の代金は3000円でした。3月末日までオーバーホールキャンペーンを実地中です。合計代金から20%オフとなります。

最新の記事

瀬田川へ (7月18日) モノホン超音波洗浄機購入

本日も夕方から店舗出勤。途中は毎度の瀬田川調査へ行ってきました。今にも雨が降り出しそうですが... 天気予報 水位・雨量・放水量 日時 2019年 7月 18日 (木曜日) 琵琶湖水位 (6時平均) -18cm 洗堰放流量 (現在) 300m³/s 平均日雨量 (琵琶湖水域前年比) 2.4mm 水温 25.0℃ 今日も夕方から強い雨が降った。来週はまた台風が接近と今年は踏んだり蹴ったりな7月だ。 瀬田川~放水量アップ またまた放水量が上がり 瀬田川西岸 には無数のカナダ藻マットが形成されていた。岸パンチングも一人占めできそうだ。 今日もまたまた2ピースロッドを取り出す... もうリールはツケッパなので ロッドソックス は本当に便利なアイテム。これからは オカッパリ にも本腰を入れていきますヨ。 また雨が降ってきて撤収。去年もそうだったが、7月の大雨の後から激シブとなった。今回もそうなるのかな? 特に沖はポーズが掛かったような状態になる。さあどうなるか? ウルトラソニック3600...

1886083

error: