スモラバ自作 フレアスモラバオリジナル写真いつの間にか 国内バスフィッシングシーン において定番となった「スモラバ=スモールラバージグ」この手のジャンルの釣りについては 好みが別れる所でもあるが、意外と名アングラー達は これらのスモラバを巧みに操る スモラバマスター が多い。スモラバといっても ラバージグがスモールだけで 比較的 デカバスが釣れる。おまけに 近年スモラバから 派生した「フレア系スモラバ=エリマキ付きスモラバ  via 例:エグジグ、D-JIG等」の釣果は すこぶる良いと思う。今回は自分なりの スモラバ製作方法 をSEO対策として 残しておこうと思います。参考までにどうぞ!

元祖スモラバマスター 江口俊介


制作に必要な道具 ~スモラバを作ろう!~

スモラバ自作 フレアスモラバオリジナル写真

①PEライン (抜き糸用)
②Aスレッド (細いモノに限る)
③ピンバイス または リューター (ガードの穴を開ける)
④ニッパー
⑤ペンチ


スモラバ自作 フレアスモラバオリジナル写真まずは ジグヘッドを用意する。スモラバには様々なコンセプトが 既に存在している。1.水平姿勢を保てるジグヘッドが良い 2.ヘッドが小さい方が根掛かりを回避できる とか…諸説色々とあります。まずは自分で試してみるベしと言う事で 今回は デコイ社 ヴァイオレンスジグヘッド を使用する事にした。


ジグヘッド加工

スモラバ自作 フレアスモラバオリジナル写真開封後に一番 初めに行う作業、ジグヘッド首元への 溝入れ加工 を行う。首元をニッパーで軽く摘み 回転させます。これはフレア系スモラバを製作する上で一番重要な作業の “キモ“となる。


スモラバ自作 フレアスモラバオリジナル写真何故かというと図のように 切り込みが入る事により、スレッドを巻きつけた時に エリマキを「ピン」と立たせる事が可能となるからだ。


スモラバ自作 フレアスモラバオリジナル写真因みに左側が 溝無し のジグヘッド、そして右側が 溝付け を施したヘッドとなる。美味しそうなのどちらか見れば一目瞭然だろう。また「あっ!これこれ」って思っている人も多いハズだ。


スモラバ自作 フレアスモラバオリジナル写真次にガードブラシの穴を開ける。ドリルの刃は 1.2mm 程でいいだろう。ゆっくりとやさしく押し当てよう。難しい人は まず画鋲等で キッカケを作ると開けやすいと思います。


スモラバ自作 フレアスモラバオリジナル写真ガイドホールが完成したら、カッターでバリを取る。バリを取ったら再度、ドリルの刃を通し 丸い穴をキープする。


スモラバ自作 フレアスモラバオリジナル写真これくらいのズレがあっても、最終的には樹脂系接着剤でセンターを出せばいいので 心配はない。


ジグヘッド塗装

スモラバ自作 フレアスモラバオリジナル写真次にカラーリング作業に移る。色々な方法でヘッドを染色する事が可能だが、個人的にオススメなのが自動車用のカラータッチペン。安くて塗膜も厚く色々なカラーバリエーションが存在する。また プロテック社 パウダーペイント なんてのもある。[画像]


スモラバ自作 フレアスモラバオリジナル写真カラーリング後は乾燥させよう。そして ヘッド作業はここまでとなる。


ラバーを巻く ~巻き編~

スモラバ自作 フレアスモラバオリジナル写真次にラバーを巻く。ラバージグ用のラバーも色々と存在しており、迷ってしまうのが本音だろう。デコボコしたモノ、極太なモノ、ラウンド(丸い)モノ 等々。今回は オーソドックスなモノをチョイス。



スモラバ自作 フレアスモラバオリジナル写真そしてラバーの量だが、これも人それぞれの好みとなる。大凡は2束となるようだが、今回は 1束の 1/3 ずつx3束=1.3 束を使用する事にした。カラーは スジエビ系のイメージ。アプローチ方法は 軽めで “フワッ” と落とす作戦だ。


スモラバ自作 フレアスモラバオリジナル写真ラバーを束ねたら Oリング や スレッドの輪 にラバーを通す。


スモラバ自作 フレアスモラバオリジナル写真そして ラバーの端を落とす。


スモラバ自作 フレアスモラバオリジナル写真次に ジグにラバーをセットして、ジグをバイスにセットする。抜き糸を通して、下巻きスレッドを2周巻く、そして抜き糸を抜く。


スモラバ自作 フレアスモラバオリジナル写真次に メインスレッドを再度、巻く。


スモラバ自作 フレアスモラバオリジナル写真再度の手順を繰り返し、最終的に 巻き回数は 4周 で仕上げるのが 上手く巻くコツかとも思う。キツめに巻けば不思議と緩まない仕組み。また 慣れてくれば バイス無しでも巻けるようになる。


ラバーを巻く ~仕上げ編~

スモラバ自作 フレアスモラバオリジナル写真そして、バイスからジグを外し ラバーを360度 均等になるように 指で引っぱり 揃える。


スモラバ自作 フレアスモラバオリジナル写真次に エリマキを作るためにヘッド部分をカットする。


スモラバ自作 フレアスモラバオリジナル写真最終的に重要なのが しっかりとスレッドが切り込みに入るように ラバーを全体的に スライドさせる。


スモラバ自作 フレアスモラバオリジナル写真もう一度、左が失敗例、そして右側が成功例。ピリピリと 美味そうに巻こう!


完成

スモラバ自作 フレアスモラバオリジナル写真そして 全体的なカット方法だが、スモラバは3箇所の セクションから構成される。上から ショート&ミディアム、そして ロングとなる。攻殻類の ヒゲや足、尻尾をしっかりとイミテートしよう。また フレアを強調したようだったら 360度 回しながら ショートカット するのもいいだろう。


スモラバ自作 フレアスモラバオリジナル写真
今回は2種類を用意した。左から ①ブラウン系のカラー ②グリーン系のカラー と右はラメ入り。この辺も自身の ストロングカラーを築き上げたい所ですね。

JB TOP50 第3戦 最終日のスモラバ 青木大介



実釣

スモラバ自作 フレアスモラバオリジナル写真いざフィールドへ!そして釣れた!! サイズは問わず格別な一尾となる。次はスモラバ用のロッドを作ります。続く