西の湖

こちらでは 西の湖 に関する記事を纏めてあります。また 西の湖 に興味ある関連付けされた 記事も追記してあります。是非回覧ください。

西の湖チャプター第一戦 カスタム日記写真

西の湖へ (5月17日) チャプタープラクティス

本日は NBCチャプター西の湖 第1戦 05/20 (日) に参戦するために 正午まで湖上調査へ。西の湖は半年ふりですが、さぁ 釣れるのでしょうか? 天気予報 水位・雨量・放水量 日時 2018年 5月 17日 (木曜日) 琵琶湖水位 (6時平均) 20cm 洗堰放流量 (現在) 300m³/s 平均日雨量 (琵琶湖水域前年比) 0mm 水温 23℃ 本日から...
西の湖へ (9月5日) 3

西の湖へ (2015年 9月5日)

本日は明日の「チャプター西の湖最終戦」のプラクティスの為に久々に西の湖へ行ってきました。 朝は5:00に起床して6:30に近江八幡の駅にて、川氏と待ち合わせです。川氏は以前、リップラップガイドサービスを利用されたクライアント様で、西の湖でしたら同船のみでしたら、いつでもいいですよ。という事で本日となった。 本日の天気は文字通りの「秋晴れ」となった。半袖では少し寒かった。 2015年09月05日(土) 6時の琵琶湖水位 -29cm 現在の洗堰放流量 220m³/s 前日の琵琶湖流域の平均日雨量 1.9mm 水温:25.70℃ チャプターの会長さんからコーヒーをごちそうしてもらい、いろいろと周りの方と話をしていると、沢山釣れているらしい。明日の優勝ウェイトは3本で3500程は欲しいようだ。P.S ごちそうさまでした。 とりあえずは湖を一周してみる事にした。メインで使用したワームはキッカーバグ、ダイナゴン、エリートクロー、D-ZONE TGスピナーベイト、クランクを使用した。いざ。本湖へ!「ピースお願いします。」イェ〜イ。 本日は対岸で外来種駆除ギル釣り大会が行われていた。駆除釣り大会だが、普通のギル釣り大会でかなりの人が楽しんでおられる。毎回、参加者は以外にも多い。案外、バスアングラーに対して敵意を抱いているのか?と思われるが、結局は「普通の人」「近所の人」「市の人=市民」である。全てはコミュニティーあっての社会と釣り場。途中「お〜い!そこのお方〜。あそこの釣り竿とってくれんか〜?」子供が落としたらしい。「はいよ〜。気を付けや〜」と渡すとお茶を2本貰った。あれ?何処かで見た顔だが... いろいろ回ってみるが、どうやら魚がかなりウキウキでグルグルと周辺を回っているような気配。例年の場所には魚は付いておらず、水を見つけながら移動していくと... ヒット! ヒット! ヒット! ヒット! ヒット! ヒット!髭男爵さん。川氏も大きいのを釣った(笑) この西の湖はウィードは成育しておらず、また大きなストラクチャーが乏しい為に、魚に対してのアプローチが非常に難しいフィールド。魚の足も早くとてもハードコアなフィッシングフィールドでもあると思う。川さんお疲れ様でした。明日に続く...
西の湖へ (5月14日) チャプター西の湖 開幕戦に参戦 写真

本日はチャプター西の湖2017 第1戦に参加…

今日はチャプター西の湖の2017年 開幕戦に参加してきました。これは滋賀県西の湖で行われている ニッポンバスクラブ (NBC) チャプターの公式戦です。公式戦は明確なルールやタックル制限もあり非常に厳格な大会となる。 天気予報 水位・雨量・放水量 日時 2017年 5月 14日 (日曜日) 琵琶湖水位 (6時平均) 1cm 洗堰放流量 (現在) 68m³/s 平均日雨量 (琵琶湖水域前年比) 0.1mm 水温 20.3℃ 前日には纏まった雨が降った。そして本日は釣り日和となった。 タックル 今年はNBCチャプター琵琶湖 第3戦 06/11 (日)...
西の湖へ (6月4日) 6

西の湖へ (2015年 6月4日)

本日は4時に起床して、チャプター西の湖第2戦の朝練で西の湖へ3時間程、浮いてきました。 天気予報ですと、8時前には爆風の予報。琵琶湖水系で北風3mは危険な状態になります。 本日のプラは本番に絶対に来る事がないように、見切りを付ける為のスポット釣行です。 こんなカバーを撃ちます。 うわ!チビだが出ました。これはよろしくないです。 こんな所もみます。 開始2時間で爆風です。西の湖は琵琶湖北湖の風をもろに受けるので荒れます。 こういう時は重心を低くして、とろとろ帰ります。帰宅して仕事です。 帰り道に小ノ浜のマッスルマリンさんへより、パーツの引き取りです。スタッフのOさんはこないだの琵琶湖オープンで6位に入賞されました。いろいろと情報収集です。
昨日は NBCチャプター西の湖 第1戦(開幕戦)に参加... 1

昨日は NBCチャプター西の湖 2015 第1戦(開幕戦)に参加…

昨日は、NBCチャプター西の湖 第1戦 walker walker CUP 2015年に参加してきました。この「西の湖」ですがこのフィールドはとても特徴的なフィールドで、スポーニングは3月上旬から始まり、産卵から回復するのは6月半ばまでと「早く指して遅く出る」といった魚が多いフィールドです。また補食しているエサも動きの速い「ハヤ、モロコ」や「ザリガニ」を食べている為に、バスが遅い動きのモノには反応しないのが特徴です。 »エリアマップ 今回のウィニングエリアとマップ。やはりスポーニング完全にはまだ終わっていない状態(アフタースポーニング)で2つ入ったインサイドやクランクの部分が有効エリアとなった。当然、本湖でも釣れるが出れば一発の魚。上位5名の殆どが1番の9番棚奥(通称:9奥=きゅうおく)また優勝した選手と自分は2番周辺のクランク部分だった。 2015年のチャプター西の湖は自分にとっては4年目となる、初年度は様子見として、2年目では最終戦をランキングを1位で迎えて、最終戦で刺されて2ポイント差で2位になってしまった。3年目となる今年の目標は「年間1位チャンピオン」このチャプター西の湖は年間4戦しか開催されていない。つまりは初戦を落とせば事実上の年間争いに加われなくなる。最低でも初戦は10位以内にランクインしなくてはならない。(学生時代の部活で例えるならば初戦で何でもない相手に負けてしまい、今までの部活動生活が一瞬で終わる事と同じ)そしてこの開幕戦が鬼門中の鬼門。マッディーレイクの「春」というのは釣り方テクニックよりもフィールドの読みや知識が最も必要とされるフィールド。自分は今回の練習では魚を釣る事よりも湖を3周程まわり水とスポーニングの状態を確かめた。 自分のプランは2つ。一つは10:00頃から木の根に産卵で差して来る、モロコを補食している、バスをヘビダンで狙い撃ちリミットを揃えるプラン。これは28cm程のバスしか釣れないプラン。(余談だが、琵琶湖の漁師と以前、話をした時に聞いた事で、モロコは柳の木の根に好んで産卵をするらしい。理由は木の根というのは除菌作用があるかららしい。今から30年程前は琵琶湖の西岸、際川(さいがわ)の岸辺には沢山の柳の木が生えており、それらの木を切り倒した途端にモロコが周辺から姿を消したらしい。) そしてリミットを揃えたら写真の様に葦(あし)シェードに潜む大型の40オーバーを7グラムのテキサスで狙い撃つプラン。実はこんな15cm程の水深で10cm程のシェードの場所に最高で45オーバーのバスが隠れている。ワームは音を立てないで滑り込まさないと喰わせる事ができない。これが西の湖!キャストの精度がとことん問われるフィールド。 総勢33名のエントリー。今年からエンジンも使用が可能になった大会。事前情報だと5位入賞には3本で1000gで準優勝かといった感じであった。非常に厳しい状態。 いよいよ開会式です。 今回の大会スポンサーである「walker walker」はJB TOP 50プロの関和学プロのブランド。walker walker社としては初めてのスポンサーをする事になったのが、このチャプター西の湖だそうな。つまりは霞ヶ浦と姉妹湖となった西の湖です。 いよいよスタートです。この時点で7:45分です。帰着は13:00です。 関原選手に「このコンバットスティックのステッカーええやろ!」と自慢されます(笑) スタ〜ト。ウィ〜ン。自分のボートはメチャ軽く、モーターガイド36Vの一基ですが、プレーニングします。 目指すは南の水郷エリアのクランク部分です。 どんぶらこ〜ドンブラコ〜DONBURAKO〜El Don Braco~ 自分のリミットメイク場である。木の根とシェードです。 自分が今回使用したルアーの「O.S.P ドライブスティック(ECO)」と7グラムのヘビダンです。これをシェードにキャストして2回シェイクしてピップアップを繰り返します。TD-Z様が火を噴きます! 開始から一時間 9:32分に一本目のキーパーをゲットです。 11:32分に2本目をゲット。 12:13分に3本目をゲットしてリミットメイクです。自分が予想していたキーパーのサイズは26センチ330グラムに対して、一回り小さい230グラム系のが動いています。どうやらチビの活性が高くなってしまっているようです。 残り20分入れ替えが出来るかどうか?で先程の入れ替えプランを試しますが...無念のタイムアウト帰着へ向かいます。ここで年間2年連続のチャンプ丹羽選手が自分のエリアに入ってきて遭遇です。「お前はエリア選びがあっとんな〜」とお褒めの言葉を頂きます。 結局、私は8位(33人中)でフィニッシュで入賞出来ず...キーパーが小さくなっていたのが敗因ですが、釣らない限りは負けてしまうのでドローゲームに持込みました。ただリミックメイクしたのが、私と山田プロだけだったので得られたものは十分ありました。ベテラン勢が上位に食い込んで来ていますし、次回に繋げたので良しとします。 »タックルデータ ロッド:エバーグリーン・タクティス・ウォリアーツアー...

最新の記事

琵琶湖バスフィッシングガイドリポート ~田島様~ 45cm

リッ プラップガイドサービスの瀧川です。本日は琵琶湖でガイド業を行ってきましたのでリポートです。今週から日中の最高気温が25度超えを記録。魚の産卵期間もいよいよ終盤に差し掛かっています。肝心な釣果の方は例年の半分以下、訪れる釣り客もとても少ない気がする令和元年の春でした。 東京から琵琶湖へ ~中層を狙う~ 本 日のゲストは東京都から、お越しの田島様です。バス歴は5年未満。今回で4度目の リップラップガイドサービス をご利用となります。最近はフットエレキモーターを購入して、行動範囲を千葉の 亀山ダム まで広げ 毎週 通われているそうです。本日は 関東でも使用できる パータン&リグ を用いて、本湖周辺を隈なく周り フルキャストで魚を狙っていきました。本日はバイトは沢山あったのですが、スッポ抜けやバラしが頻繁にありました。こちらのサイトには...

1853103

error: