瀬田川

こちらでは 瀬田川 に関する記事を纏めてあります。また 瀬田川 に興味ある関連付けされた 記事も追記してあります。是非回覧ください。

瀬田川釣果 バス39cm!! (bv六文銭) 2015年 1

瀬田川釣果 バス39cm!! (bv六文銭) 2015年

お盆の間は大型狙いで6inデスアダの最大バスは39㎝でした。 2015年08月14日(金) 6時の琵琶湖水位 -26cm 現在の洗堰放流量 15m³/s 前日の琵琶湖流域の平均日雨量 2.8mm 水温:30.6℃
瀬田川へ (2015年 7月16日) 1

瀬田川へ (2015年 7月16日)

本日も16:30で仕事を〆て瀬田川へ...30分程の修行です。本日は雨です。スーパービックは出るか? 雨が降っていますが、風はそれ程に吹いてはいない様子。トップで出そうです。 2015年07月16日(木) 6時の琵琶湖水位 -20cm 現在の洗堰放流量 300m³/s 前日の琵琶湖流域の平均日雨量 0.4mm 水温:26.10℃ 切れたウィードがドンドン流れてきています。 雨が降ってきました。 一本、パシャン。40位のが出ましたが、バイト乗らず。 瀬田川はこういう流れ込みが無数にあります。おいしい場所です。 帰宅したらフロリダのギャンブラー社のマネジャー、トニーさんから無数のギャンブラーのプロトワームが届いていた。来春発売されるフロッグワームらしい。釣れそ〜 手紙によると「ヨオ!ダチ。元気か。ワームヤルカラヨ。ワールドレコード釣ったら権利を横せヨ。マタ、ビワ湖ニイクヨ。」との事。めちゃくちゃや〜。 My shit's fat, like a sumo, slamming dat ass. by...
瀬田川 冬の釣り リールメンテナンス 写真

瀬田川へ (2018年 2月15日) 名古屋キープキャスト出展情報

本日も夕方から 室内業務 へ。その前に30分程の 瀬田川調査へ。さぁ釣れるのでしょうか? 琵琶湖最南端から 最新情報をお届けします。 天気予報 水位・雨量・放水量 日時 2018年 2月 15日 (木曜日) 琵琶湖水位 (6時平均) -16cm 洗堰放流量 (現在) 30m³/s 平均日雨量 (琵琶湖水域前年比) 0.7mm 水温 5.1℃ ここ2.3週間は 爆風&激荒れ な日が続きます。去年よりも...
瀬田川釣果 バス43cm!! (bv六文銭) 2016年 3

瀬田川釣果 バス43cm!! (bv六文銭) 2016年

新年明けましておめでとうございます。14gキャロのズル引きにヒット、ステイして動かした時に「ガツン」ときました。ルアーはチビアダのスカッパノン。 2016年1月11日(月) 6時の琵琶湖水位 -22cm 現在の洗堰放流量 30m³/s 前日の琵琶湖流域の平均日雨量 1.5mm 水温:10.50℃
瀬田川へ (11月25日) ライトリグリベンジ失敗 2

瀬田川へ (2016年 11月25日) ライトリグリベンジ失敗

本日も16:30に仕事を〆て瀬田川へ... 30分程の調査へ行ってきました。 本日は12月中旬並みの寒さ。埼玉県では大雪が降っているらしい。 2016年11月25日(木) 6時の琵琶湖水位 -32cm 現在の洗堰放流量 15m³/s 前日の琵琶湖流域の平均日雨量 0.7mm 水温:15.0℃ 本日もライトリグを投入します。ケイテック社のライブインパクト。オリカラ! マス針にヘッド刺しです。 また 近所の少年 がふら〜ときた。「これ見てください。つくったんです。」 「どこかでみたことあるルアーだな。どうやって使うんだ〜? 」「はやく巻くんです」少年の発明は続く... 帰宅してからは頼んでおいてたアメリカからの荷物が到着していた。中身は 米ゲーリーヤマモトのスイムベイト用ジグヘッド。 極太な男気溢れるガマカツフック。いいかも?! やっぱり琵琶湖では剥き出しのフックで使用したいですね。北湖のデカバスは釣れるかな?
瀬田川へ (2015年 3月3日) 1

瀬田川へ (2015年 3月3日)

どうも!Yです。"急がば回れ"という言葉がありますが、個人的には"急がば中止"の方がいいと思います。物事は急いではダメです。という事で瀬田川へ 今日も ダイワ ダブルクラッチ で探ります。昨日は アユカラー でしたが、今日は ワカサギカラー です。意味はありません。明日は何カラーでしょうか? 今日も少し気圧が低く水質は悪くありません。 釣りに行くときには皆さんペンチやハサミ、針ハズシは必ず持参してくださいね。特にミノーでの釣りは針でケガする事もありますしね。これは工具用にソケットで便利ですよ。

最新の記事

琵琶湖湖上へ (12月28日) 一年間ありがとうございました。

早いもので 2019年 令和元年 も終わりを迎える。今年は 急激に激変した琵琶湖に 対応するべく色々と動いた年で 秋からドタバタとしてしまい 自分のために時間を費やす事となった。マリーナも 来客数 が少なくなったという事で  ボート保管会員 の差別化を図るため テント保管クラス を新設して...
error: