琵琶湖バスフィッシングガイドリポート ~竹中様~ 55cm 12

琵琶湖バスフィッシングガイドリポート ~竹中様~ 55cm

リッ プラップガイドサービスの瀧川です。本日は琵琶湖でガイド業を行ってきましたのでリポートです。今週より気温が一気に15℃まで上昇し、水温もシャローでは11℃のエリアもありました。ただ魚のポジションは以前、冬の位置のまま... 2馬力のレンタルボートが5艇出船して釣果は2本といった厳しさでした。 チャンネルラインのデカ"冬"バスを捕獲セヨ!! 本 日のゲスト様は毎度、お馴染みの竹中様です。竹中氏は1月と2月はボートフィッシングをお休みされて、今日は今年で2回目の釣行となるそうです。琵琶湖は色々な釣りが東西南北で可能なので「色々な事に挑戦してみましょう!」と提案させて頂きました。本日は新しく購入したタックルの調子とディープラインを見てみたいとの事でガイドスタートです。 マリーナ周辺6:30撮影。最近の朝日はきれいです。 本日の天気はローライトの微風。気温もゴールデンウィークを思わせる様な天気予報となった。釣果もこれに伴えばパーフェクトな一日でした。 2016年3月6日(日) 6時の琵琶湖水位 -17cm 現在の洗堰放流量 80m³/s 前日の琵琶湖流域の平均日雨量 0.5mm 水温:9.50℃ 今回は竹中氏は2本の ノースフォークコンポジット J Custom 2.0 ユーティリティ68Mと68MH を持参。セッティングに半日の時間を費やした。良い結果が得られるといいです。 最近の琵琶湖はデカバスは沢山釣れているが、他人の釣果やスタイルは真似出来ない。 それなので自分を見失うとなんにも無くなってしまう。少し生意気ですが "自分がなにを考えて釣りしてるか?"という事をクライアント様に伝えながらガイドを進行して行きます。自分が釣るのではなく、またゲスト様に「釣らせる」と一言でいえる程、そう簡単な事ではありません。その先に明かり灯す水先案内人という感覚です。 今回の狙った場所は2箇所で水深4〜3.5m。アウトラインと浚渫が交わる交差点みたいな場所のフラット。魚影らしき影が濃い所を何度も攻めました。 OKジグ!グラスリッパーを購入しました。使いこなすまで時間が掛かりそうです。 ほほ〜う。なるほどね〜。 何度も移動を繰り返します。 竹中氏のタックルセッティングも完了。周りのボートも釣れている人は見なかった。 竹中さん。これ使ってみてくださいとロッドをレンタルしたり、ルアーを渡します。 ここでメタルを投入する事にしました。キャスト前にメタルのアクションを手でやって頂きます。ヒュ〜ン。ヒラヒラ〜。ヒュ〜ン。ヒラヒラ〜。いいですね〜!やってみましょう! ...
瀬田川へ (2015年 11月12日) 8

瀬田川へ (2015年 11月12日)

本日も16:30で仕事を〆て瀬田川へ...30分程の様子見へ... 今日はひんやりした一日でした。お昼から少し風が吹きました。 2015年11月12日(木) 6時の琵琶湖水位 -54cm 現在の洗堰放流量 20m³/s 前日の琵琶湖流域の平均日雨量 0mm 水温:17.20℃ 本日の琵琶湖本湖ではアラバマで55オーバーが結構釣れていた様子です。今年はアラバマがアタリ年の様ですね。 https://twitter.com/biwakomarine/status/663619410700079104 巻き物はこの切れ藻が問題です。 水位はマイナス40センチといった所です。 今週は大きいのが釣れていた琵琶湖水系でした。瀬田川で釣りたいですね。 帰宅してから30分程のリペイントの処理です。まだアイデアが浮かばないでいます。 これもお手本。シンナーの飛ばし方が好きです。塗りが遅いと迫力に掛けると思う。たこ焼き職人に似ていると思います。遅いと不味くなりますね。 またバーナーを製作しました。これはボートのリンク一覧。影はゲストの中居さん。 またバーナーを製作しました。これはオカッパリのリンク一覧。影はゲストの中居さん。 こちらはシーズン別リンクの一覧。春関係のリンクを纏めてあります。写真もゲスト様。

琵琶湖おかっぱりへ (2018年 4月26日) KVD 1.5 を改造する

本日は午前から深夜まで仕事をこなし、夕方からは 室内業務日でした。途中、30分程の 瀬田川調査へ。今日は 改造したルアーのスイムテストへ来ましたよ。さぁ どうなるのでしょうか? 天気予報 水位・雨量・放水量 日時 2018年 4月 26日 (木曜日) 琵琶湖水位 (6時平均) 16cm 洗堰放流量 (現在) 120m³/s 平均日雨量 (琵琶湖水域前年比) 40.9mm 水温 17℃ 一昨日まで 大雨、そして 昨日は爆風日...と 春の小嵐週間でした。水中も...

ワイルドハンチ・リペイント(モーニングダーン)

皆さんはこういう経験はありませんか?それは釣りにいった時に、ある時、ある人が、神がかり的な爆釣を叩き出している経験です。例えば平均的な釣果が2.3本に対して60~80本の釣果を叩き出している人が時として存在している事です。自分は過去10年間の内に2回の目撃経験があります。1回目は千葉の笹川湖で5月頃に ラパラのフローティングミノーで60本以上の入れ食いしているアングラーを見かけました。そして、2回目は3年前の秋の琵琶湖東岸でピンクのクランクベイトで爆釣している人を見かけました。3投で2回はヒットしていました。合計100匹は釣っていたと思います。SEO対策で残します。 そんなピンクですが、今期からテストしてみます。釣れなかったらそのまま流します。奇麗なんですが、奇麗だけじゃダメですね。目の保養にはなりますが... クリアーウォーターでスポッツバスに効くらしい。このご当地リグ。 そしてソルトでは定番のエコギアのピンク。このカラーしか持っていない方も多いかと思います。カラーは何でも同じというアングラーは多いですが、このソルトピンクの謎は同感している人もいると思います。
旧ウィグルワート・リペイント (ゴーストチャート/オレンジベリー) 1

旧ウィグルワート・リペイント (ゴーストチャート/オレンジベリー)

PRE-RAPALA WIGGLE WARTS REPAINT ルアーのリペイントが完成したので紹介です。 旧ウィグルワート(レプリカ)にリペイントを施しました。 カラーはチャート, オレンジ, シルバー, クリアーです。ゴースト(transparent)の淡い膨張色です。ラメ系は一切無しです。 ベリーにはサーミナルプリンターで"OROSHIMO"を刻印! あとは釣れるかどうかです。トーナメント中にどこかで一発入れたいですね。
瀬田川へ (2016年 10月17日) ベイトがふらふら 6

瀬田川へ (2016年 10月17日) ベイトがふらふら

本日も16:30に仕事を〆て瀬田川へ...30分の調査へ。 琵琶湖周辺では朝方まで雨が降り続いた。お昼頃から晴れ間が広がった。 2016年10月17日(月) 6時の琵琶湖水位 -24cm 現在の洗堰放流量 15m³/s 前日の琵琶湖流域の平均日雨量 0mm 水温:21.0℃ 本日は放水が止まっているのでウィードのエッジをズル引きで狙う! フル満水! この時期になると表層にベイトが回遊してくる。ピーチクパーチク。時々、ボコッ と襲われる。 コンというワンバイトのみ。 帰宅してからは少しずつですが RC 1.5 のリペイント。 カラーは "西の湖 ~金鮒~" 秋は小ブナの最盛期。 明日から湖上業務2連勤+オーバーホール業務です。釣れますように!

最新の記事

琵琶湖湖上へ (12月28日) 一年間ありがとうございました。

早いもので 2019年 令和元年 も終わりを迎える。今年は 急激に激変した琵琶湖に 対応するべく色々と動いた年で 秋からドタバタとしてしまい 自分のために時間を費やす事となった。マリーナも 来客数 が少なくなったという事で  ボート保管会員 の差別化を図るため テント保管クラス を新設して...
error: