タグ 瀬田川日記

タグ: 瀬田川日記

こちらでは 瀬田川バス釣り に関する記事を纏めてあります。また 瀬田川バス釣り に興味ある関連付けされた 記事も追記してあります。是非回覧ください。

瀬田川へ (10月16日) 来年はどうなるのか不安と期待

瀬田川ジグ瀬田川スピナーベイト紹介
本日も 16:30 に仕事を〆て夕方から 30分程の瀬田川へ行ってきました。途中、他のアングラーさんと情報交換した所、朝方はトップでも釣れてれているそうです。久々の瀬田川は 悪くない状態でした。 天気予報 今週はまたまた曇り空が続く。外も生暖かい気温でした。 水位・雨量・放水量 日時 2018年 10月 16日 (火曜日) 琵琶湖水位 (6時平均) -31cm 洗堰放流量 (現在) 15m³/s 平均日雨量 (琵琶湖水域前年比) 0mm 水温 232.0℃ 放水量も だだ止まりな琵琶湖。本湖のインサイドでは好感触らしい。 チャリンコもオーバーホールしていい感じです。錆は落として エアブラシで塗装。チェーン周りの古いオイルは洗浄、オイルは柔らかいモノに限る。モノは大切に使うのが自分流。 本日も オリジナルスピナーベイト を巻く。オリジナルは貧乏臭く見えるが、自分でルアーを作ると物凄い情報量が得られる。それを釣果に繋げれた時は テクニック の上達は早い。 トマホークチョップ ~凪型~ 先週、メキシコから到着したブレードがこちら。日本では馴染みはないが、トマホークブレードという ティラピア漁 に使われるモノ。コロラドブレードが 1/3 程斜めにカットされている。説明には難しいが、三日月型なので バイブレーション を上下に細かく発生させれる事ができるブレード。丁度、スピナーベイトをシェイク しながら巻く感じが自然に演出できる。引き安定もすこぶる良い。 シルバーアクセサリーの本場 メキシコ産 だけとあって ブレードは ぶっ飛んでるほど厚い。モノホンは違う。薄めのブレード、クッキーの缶みたいな素材のブレードは琵琶湖では物足りない。国内のルアーメーカーがブレードを軽金属と解釈しているのに対して 実際は貴金属と捉えていいのではなかろうか...本当にドテカイのは ノリーズ社 スピナーベイト のように厚いモノがいいと思う。ただそうなると ヘッド や スカート、ワイヤー径 までと指定したい。まあ 最終的には食べてる餌によるかとも思うのだが、そればかりは現場の魚に聞いてみないとわからない。テストにテストですね! あとは 米国ヒルデブラント(Hildebrandt) というブレードの会社。50年以上も営業している会社で 重硬なブレードだ。これも現地では値段は張るがブレードは重くて良さそう。やっぱりスピナーベイトは ブンマワさないとね。 海外釣果 今月から期間限定で アメリカ(ミッドウェスト) の現地在住の方にもテストを...

琵琶湖おかっぱりへ (4月26日) KVD 1.5 を改造する

本日は午前から深夜まで仕事をこなし、夕方からは 室内業務日でした。途中、30分程の 瀬田川調査へ。今日は 改造したルアーのスイムテストへ来ましたよ。さぁ どうなるのでしょうか? 天気予報 水位・雨量・放水量 日時 2018年 4月 26日 (木曜日) 琵琶湖水位 (6時平均) 16cm 洗堰放流量 (現在) 120m³/s 平均日雨量 (琵琶湖水域前年比) 40.9mm 水温 17℃ 一昨日まで 大雨、そして 昨日は爆風日...と 春の小嵐週間でした。水中も 泥茶色 な様子でした。 KVD1.5 を チョイダイブへ改造する 先週、KVD 1.5 が纏めて大量に入手できた。そこで一つ改造する事にしました。RC 1.5供に大好きなルアーなのですが... 「あともう15cm程 潜らせたいな!」という時が多々 場面的にあります。単純にルアーを変えればいいのですが、物は試しです。それなので リップを付け替えます。 まずは リップの形状を観察します。左が KVD 1.5 のリップ。右が KVD 2.5 のリップ です。両モデル供に 潜行深度は 1.2m とあるが 右のワンサイズ上の番手の方が、思っている以上に潜ります。よく見ると まあまあリップが大きいですね。 そして 右が KVD 3XD ですが、潜行深度は 3m以上と やや潜る。それなので...

瀬田川へ (4月9日) フラットフォースは “やや潜る”

瀬田川 フラッットフォース インプレ写真
本日は 店頭は定休日のために 休み。16:30 に仕事を〆て夕方から 30分程の瀬田川調査へ行ってきました。琵琶湖最南端 から 最新情報をお届けします。さぁ釣れるのでしょうか? 天気予報 先週の週末に 釣行された方は 本当にラッキーでしたね。今週からは 例年の4月に戻る。 水位・雨量・放水量 日時 2018年 4月 9日 (月曜日) 琵琶湖水位 (6時平均) 2cm 洗堰放流量 (現在) 50m³/s 平均日雨量 (琵琶湖水域前年比) 1.3mm 水温 16.5℃ 放水量も だだ止まりな琵琶湖。本湖のチャンネルラインで好感触らしい。 本日も 一昨日に購入した エバーグリーン社 フラットフォース をキャストする。 フラットフォースは 思っている以上に潜る。ベロの角度も浅く 少し他のフラットサイド供に違うタイプのルアーとなる。ボートには 重宝されそうです。釣果は まだよ... 早く釣りたいですね〜 リールの塗装 今週もリールの塗装依頼を頂きました。今回は ブラック(艶あり) & ブラック(艶なし) の2色です。まずは 脱脂 と 下地作業 の工程準備です。何事も小さな準備は 重要ですね。 今年の夏頃に追加する 新色が上がってきました。オリジナルカラー (調色) となります。見た目はわかりませんがね。お楽しみに!P.S 5月4日の ガイド予約 頂きました。ありがとうございます。続く...

瀬田川へ (4月5日) 昔のルアー

バグリークランクベイト写真
本日は マリーナ は 定休日のために 休み。16:30 に仕事を〆て夕方から 30分程の瀬田川調査&店頭にて リール室内業務。琵琶湖最南端 から 最新情報をお届けします。さぁ釣れるのでしょうか? 瀬田川周辺は 観光地なので周辺には こんな佇まいの 蕎麦屋さんもある。味は質素で上手いですよ。是非とも訪れて頂きたいですね。 天気予報 昨夜から 近畿地方は天気が斜め下り坂。しかも少し寒いです。 週末は爆風になりそうです。日曜日はどうなるのか? 水位・雨量・放水量 日時 2018年 4月 5日 (木曜日) 琵琶湖水位 (6時平均) 0cm 洗堰放流量 (現在) 50m³/s 平均日雨量 (琵琶湖水域前年比) 0.9mm 水温 14.5℃ 放水量も だだ止まりな琵琶湖。水温は グングン上昇中です。 本日は 上流方面にて サイレントバイブレーションを巻いてみますが.... そして店頭では テンポよく作業を進めます。ハンドルも パキッ と仕上がりましたよ。光沢ブラックの 極小シルバーラメ入り です。 昔のアメリカンルアー 昔の アメリカンルアー は愛嬌がある。可愛らしい感じで ファニールッキンな顔が多い。子供の頃は かなり衝撃的だった。「こんなんで釣りしてる アメリカ人はヘンなヤツだなぁ〜笑」と思いながら投げていた時に 不思議と釣れた。この顔を見ると「本気=ガチ」になれない。アングラー側 の空気を和ませる (リラックス) というのも 重要な要素だなぁ と思う。何事も古い事には 良い要素もありますね。

瀬田川へ (3月19日) トゥルーチューン

本日は 店頭業務 は 定休日のために 休み。16:30 に仕事を〆て夕方から 30分程の瀬田川調査へ。琵琶湖最南端 から 最新情報をお届けします。さぁ釣れるのでしょうか? 天気予報 近畿地方も昨晩から 小雨 が降り注いだ。春の シトシト雨 ですね。 水位・雨量・放水量 日時 2018年 3月 19日 (月曜日) 琵琶湖水位 (6時平均) -0cm 洗堰放流量 (現在) 120m³/s 平均日雨量 (琵琶湖水域前年比) 0.1mm 水温 10.2℃ 今年はゆっくりと飛行機が離陸するような イメージで シーズンが始まりました。 瀬田川周辺は ささ濁り でした。本湖は エリア選定が合えば 爆釣している様子。ただ難しい! アイチューン/トゥルーチューン 本日は エバーグリーン社 キッカーイーター のチューン(調整)に来ました。ベロが 長いルアーになればなる程、真っ直ぐ泳がないルアーがよくあります。ポチャ と水面に着水させて 1回目のリトリーブで ブリブリブリ と真っ直ぐ潜ってくれるのが理想です。 調整方法は簡単で ルアーアイを 曲げる作業。ルアーが 右に曲がって泳いでしまう場合は 左へ曲げ、左に曲がって 泳いでしまう場合は 右へ曲げる。ただこれが難しい。頭では分かっているのだが、一発ではできない。泳ぎ始めの軌道はいいのだが、途中で曲がってしまったりとか色々ある。それなので目視できる 立ち位置が動かない場所でやります。難しい個体は時間が 掛かります。ちなみに 自分はスピナーベイトもやります。 帰宅後 帰宅してからは 色々と内職です。今年は...

瀬田川へ (3月12日) 今春より 富士工業社 と直取引開始

ロッドカスタム フジプラス 写真
本日も 16:30 に仕事を〆て 夕方から 30分程の瀬田川調査へ。気になる水辺の様子はどうでしょうか? 琵琶湖最南端 から 最新情報をお届けします。 天気予報 水位・雨量・放水量 日時 2018年 3月 12日 (火曜日) 琵琶湖水位 (6時平均) 1cm 洗堰放流量 (現在) 180m³/s 平均日雨量 (琵琶湖水域前年比) 0mm 水温 9.2℃ 本日は 穏やかでした。夕方からは 小春日和 と言った感じで 湖上に出た方は良かったでしょうね。 今日は下流に来ました。まずは 目視しながら魚を探しますが、まだ居ない様子。 先日に ピニオンギアを 新品に変えました。現在は 慣らし巻き期間中 なので... 本日も エバーグリーン社 コンバットクランク180 をキャストします。これは ワイルドハンチ と ウィグルワート の中間的な感じとも言うべきだろうかな。こちらも ガンガン ぶつけても壊れない。ただ 瀬田川の 足場には ゴロタが入っているので 根掛かりに注意ですね。 瀬田川は ミドストでも良く釣れます。紀伊半島 のダムに少し似ています。 いいね〜 カスタム製品が続々... リールの乾燥がもう少しで終了です。乾燥時間 は長めに 設定してあります。なんだかんだで 最低1週間 は置きます。 こちらは クライアント様からの要望で DRTパワーハンドル装着...

最新の記事

デプス サカマタシャッド 5インチ・6インチ 入荷!! (つり具のブンブン・大津店)

  バス入荷情報 デプス サカマタシャッド 5インチ・6インチ 入荷 ボディ両側面に備わるキールにより、ただフックセットするだけでベイトフィッシュが見せる跳ね上がるようなダートアクションを自然に生み出し、イージーにバスの捕食本能にスイッチを入れてくれるスティックベイトです。 ノーシンカーでは、アユやハスが水面へ逃げ惑い、時折勢いよく水面から飛び出すような跳ね上がるダートアクション、スプリットショットやキャロライナリグのボトムレンジでも、バスに気付きボトムから突然現れ姿を隠すような跳ね上がるイメージでアクションすれば、“サカマタシャッド”の性能を発揮し、いとも簡単にバイトへと導いてくれます。 ※サカマタシャッドは少量入荷の為お一人様1つまでとさせて頂きます。また、電話でのお問い合わせ、お取り置きは不可とさせて頂きます。 関連動画 https://youtu.be/smkZTl7c7ZQ

1686962

error: