タグ 瀬田川日記

タグ: 瀬田川日記

こちらでは 瀬田川バス釣り に関する記事を纏めてあります。また 瀬田川バス釣り に興味ある関連付けされた 記事も追記してあります。是非回覧ください。

瀬田川 タックル・オブ・ザ・イヤー ~BEST OF 2018~

瀬田川 タックル・オブ・ザ・イヤー 2018 写真
あの時の琵琶湖は既に 昔話。新しい時代 2018年 総括。今年も色々な方から 激励の言葉 や お叱りの言葉 を頂いた。まだまだ改善すべき事や 意識改革 の課題は山程あるが、来年の糧にしていこうと思います。今年の琵琶湖本湖は 例年になく、普通ではないシーズンだった。台風~地震~酷暑~水質悪化 と「災まみれ」であった。自分が琵琶湖で ルアーを投げたいという理由は「単純に魚が沢山つれて面白い」という事だったが、15年前とは 全く違う湖に変貌してしまった... 毎年、毎年 右下がりの傾向をたどる。店頭に来店されるお客様も バス から離れた方の数はとても多い。その変は残念な所でもあるが、前向きに前進したいと思う。総括はさて置き、今年も短い時間ながら 色々なルアーを投げたり、ロッドを振った。今年は緩めに 「瀬田川 タックル・オブ・ザ・イヤー 」と題して、瀬田川日記 と 六文銭日記 から  各3点しぼり紹介します。 六文銭日記より ロッド&リール+ワームリグ をノミネート アブガルシア AbuGarcia エリートオーロラ64リミテッド ・・・まずこのリールはギア比 7.1:1 に改造してあります。重量が200g有りますが軽いロッドと組み合わせてみると、私の手にしっくり握れ、この寒い季節には虹色が気分を癒してくれます。古いリールでは有りますが、一回の巻き取り70㎝という遅くも無く早くも無い巻きスピードが気に入ってます。 エバーグリーン インスピラーレ TKIC-66MH-BK ブラックレイブン ・・・このロッドは持ち重りがせず、細かく動かしてもティップがしなやかに動いてくれて、ヒットした後はリールを巻くだけでロッドのしなりでバスの引きをいなしてくれます。バットは細いですがパワーがあります。これからの粘りの釣りに最適かと思いますし、メタルジグの操作感も上々に思います。 ZBCウルトラバイブスピードクローのヘビキャロ ・・・みなさんはこのワームをテキサスリグやゼロダンに使用しているそうですが、私はヘビーキャロに使用しています。三叉キャロやロングリーダーのキャロを遠投させて流れに乗せるだけです。所謂クロー系としてバスにアピールする力は抜群と思い使っています。特に、水温が低くなってくる時期には良く使用しています。 瀬田川日記より ワーム と リグシンカー をノミネート バークレイ社 パワーホッグ 4インチ・・・毎年、各メーカーから 色々なワームが発売されているが 定番中の定番というワームが本当に少ないと思う。このワームも15年以上前から発売されている...

瀬田川へ (10月22日) ギルがプカプカ バスがウロウロ

ヒルデブラント スピナーベイトブレード写真
先週末は強風予報のために 湖上関係は休み。来週からは トーナメントウィーク となるので 自身の仕事を前倒した週末でした。どちらにしても この時期は一年で厳しくなる季節。オカッパリからの方が狙い安くなりますね。本日も30分程の瀬田川調査へ.. 天気予報 早朝と深夜は寒いが、日中は暖かい琵琶湖水系周辺。トップでも釣れている様子。 水位・雨量・放水量 日時 2018年 10月 22日 (月曜日) 琵琶湖水位 (6時平均) -34cm 洗堰放流量 (現在) 15m³/s 平均日雨量 (琵琶湖水域前年比) 0mm 水温 21.0℃ 放水量も だだ止まりな琵琶湖。次の大雨で激変しそうな気配。魚はえらく元気ですよ。 毎日、水が濁ったり クリーンアップ したりと人間の想像以上に自然界の変化は早い。ギルがプカプカ浮いており、40クラスのバスもウロウロしています。 本日も オリジナル18スピナーベイト を巻く。ヘッド関係の事はあとにするとして まずはブレード関係の事を進める。今現在、スピナーベイトに使われている ブレードの種類は 約14種類 も存在していると言われている。日本市場では 4種類 ほどしか市場では見られない。理由は人気のないルアーになるからそこまで需要がないんだと思う。そんな所を紐解いていきながら、釣果テストを繰り返し、本当の答えを出したいというのが自分の狙い。 インディアナブレード ~雫型~ あの キング・オブ・トーナメンター "ケビンバンダム" が一番初めに投げると言われている タイプのスピナーベイト(ブレード)が この インディアナブレード* となる。何故かという理由の一つに極めて平均的なデザインだからと思う。自分もこのタイプのブレードが欲しい。理由は2つある ①バスが捕食している 餌(子ギル&小鮒、ワタカ) に似ているから ②ウィローブレードで釣れない時に カウンターベイト として使用できる...そんでもって オカッパリでもまぁまぁな 引き心地で使い易いと思う。試しにいくつか輸入してみたのだが...イマイチ掴めない。自分は色々とやる事の前に 前後の ストーリー や ビヘイビア も絶対に調べます。*地域により縦長さが若干違う。 バスマスターのサイトに...

瀬田川へ (10月16日) 来年はどうなるのか不安と期待

瀬田川ジグ瀬田川スピナーベイト紹介
本日も 16:30 に仕事を〆て夕方から 30分程の瀬田川へ行ってきました。途中、他のアングラーさんと情報交換した所、朝方はトップでも釣れてれているそうです。久々の瀬田川は 悪くない状態でした。 天気予報 今週はまたまた曇り空が続く。外も生暖かい気温でした。 水位・雨量・放水量 日時 2018年 10月 16日 (火曜日) 琵琶湖水位 (6時平均) -31cm 洗堰放流量 (現在) 15m³/s 平均日雨量 (琵琶湖水域前年比) 0mm 水温 22.0℃ 放水量も だだ止まりな琵琶湖。本湖のインサイドでは好感触らしい。 チャリンコもオーバーホールしていい感じです。錆は落として エアブラシで塗装。チェーン周りの古いオイルは洗浄、オイルは柔らかいモノに限る。モノは大切に使うのが自分流。 本日も オリジナルスピナーベイト18 を巻く。オリジナルは貧乏臭く見えるが、自分でルアーを作ると物凄い情報量が得られる。それを釣果に繋げれた時は テクニック の上達は早い。 トマホークチョップ ~凪型~ 先週、メキシコから到着したブレードがこちら。日本では馴染みはないが、トマホークブレードという ティラピア漁 に使われるモノ。コロラドブレードが 1/3 程斜めにカットされている。説明には難しいが、三日月型なので バイブレーション を上下に細かく発生させれる事ができるブレード。丁度、スピナーベイトをシェイク しながら巻く感じが自然に演出できる。引き安定もすこぶる良い。 シルバーアクセサリーの本場 メキシコ産 だけとあって ブレードは ぶっ飛んでるほど厚い。モノホンは違う。薄めのブレード、クッキーの缶みたいな素材のブレードは琵琶湖では物足りない。国内のルアーメーカーがブレードを軽金属と解釈しているのに対して 実際は貴金属と捉えていいのではなかろうか...本当にドテカイのは ノリーズ社 スピナーベイト のように厚いモノがいいと思う。ただそうなると ヘッド や スカート、ワイヤー径 までと指定したい。まあ 最終的には食べてる餌によるかとも思うのだが、そればかりは現場の魚に聞いてみないとわからない。テストにテストですね! あとは 米国ヒルデブラント(Hildebrandt) というブレードの会社。50年以上も営業している会社で 重硬なブレードだ。これも現地では値段は張るがブレードは重くて良さそう。やっぱりスピナーベイトは ブンマワさないとね。 海外釣果 今月から期間限定で アメリカ(ミッドウェスト) の現地在住の方にもテストを...

琵琶湖おかっぱりへ (4月26日) KVD 1.5 を改造する

本日は午前から深夜まで仕事をこなし、夕方からは 室内業務日でした。途中、30分程の 瀬田川調査へ。今日は 改造したルアーのスイムテストへ来ましたよ。さぁ どうなるのでしょうか? 天気予報 水位・雨量・放水量 日時 2018年 4月 26日 (木曜日) 琵琶湖水位 (6時平均) 16cm 洗堰放流量 (現在) 120m³/s 平均日雨量 (琵琶湖水域前年比) 40.9mm 水温 17℃ 一昨日まで 大雨、そして 昨日は爆風日...と 春の小嵐週間でした。水中も 泥茶色 な様子でした。 KVD1.5 を チョイダイブへ改造する 先週、KVD 1.5 が纏めて大量に入手できた。そこで一つ改造する事にしました。RC 1.5供に大好きなルアーなのですが... 「あともう15cm程 潜らせたいな!」という時が多々 場面的にあります。単純にルアーを変えればいいのですが、物は試しです。それなので リップを付け替えます。 まずは リップの形状を観察します。左が KVD 1.5 のリップ。右が KVD 2.5 のリップ です。両モデル供に 潜行深度は 1.2m とあるが 右のワンサイズ上の番手の方が、思っている以上に潜ります。よく見ると まあまあリップが大きいですね。 そして 右が KVD 3XD ですが、潜行深度は 3m以上と やや潜る。それなので...

瀬田川へ (4月9日) フラットフォースは “やや潜る”

瀬田川 フラッットフォース インプレ写真
本日は 店頭は定休日のために 休み。16:30 に仕事を〆て夕方から 30分程の瀬田川調査へ行ってきました。琵琶湖最南端 から 最新情報をお届けします。さぁ釣れるのでしょうか? 天気予報 先週の週末に 釣行された方は 本当にラッキーでしたね。今週からは 例年の4月に戻る。 水位・雨量・放水量 日時 2018年 4月 9日 (月曜日) 琵琶湖水位 (6時平均) 2cm 洗堰放流量 (現在) 50m³/s 平均日雨量 (琵琶湖水域前年比) 1.3mm 水温 16.5℃ 放水量も だだ止まりな琵琶湖。本湖のチャンネルラインで好感触らしい。 本日も 一昨日に購入した エバーグリーン社 フラットフォース をキャストする。 フラットフォースは 思っている以上に潜る。ベロの角度も浅く 少し他のフラットサイド供に違うタイプのルアーとなる。ボートには 重宝されそうです。釣果は まだよ... 早く釣りたいですね〜 リールの塗装 今週もリールの塗装依頼を頂きました。今回は ブラック(艶あり) & ブラック(艶なし) の2色です。まずは 脱脂 と 下地作業 の工程準備です。何事も小さな準備は 重要ですね。 今年の夏頃に追加する 新色が上がってきました。オリジナルカラー (調色) となります。見た目はわかりませんがね。お楽しみに!P.S 5月4日の ガイド予約 頂きました。ありがとうございます。続く...

瀬田川へ (4月5日) 昔のルアー

バグリークランクベイト写真
本日は マリーナ は 定休日のために 休み。16:30 に仕事を〆て夕方から 30分程の瀬田川調査&店頭にて リール室内業務。琵琶湖最南端 から 最新情報をお届けします。さぁ釣れるのでしょうか? 瀬田川周辺は 観光地なので周辺には こんな佇まいの 蕎麦屋さんもある。味は質素で上手いですよ。是非とも訪れて頂きたいですね。 天気予報 昨夜から 近畿地方は天気が斜め下り坂。しかも少し寒いです。 週末は爆風になりそうです。日曜日はどうなるのか? 水位・雨量・放水量 日時 2018年 4月 5日 (木曜日) 琵琶湖水位 (6時平均) 0cm 洗堰放流量 (現在) 50m³/s 平均日雨量 (琵琶湖水域前年比) 0.9mm 水温 14.5℃ 放水量も だだ止まりな琵琶湖。水温は グングン上昇中です。 本日は 上流方面にて サイレントバイブレーションを巻いてみますが.... そして店頭では テンポよく作業を進めます。ハンドルも パキッ と仕上がりましたよ。光沢ブラックの 極小シルバーラメ入り です。 昔のアメリカンルアー 昔の アメリカンルアー は愛嬌がある。可愛らしい感じで ファニールッキンな顔が多い。子供の頃は かなり衝撃的だった。「こんなんで釣りしてる アメリカ人はヘンなヤツだなぁ〜笑」と思いながら投げていた時に 不思議と釣れた。この顔を見ると「本気=ガチ」になれない。アングラー側 の空気を和ませる (リラックス) というのも 重要な要素だなぁ と思う。何事も古い事には 良い要素もありますね。

最新の記事

ダイワ スティーズCT SV TW 700H/700XH入荷!! (つり具のブンブン・大津店)

バス入荷情報 ダイワ スティーズCT SV TW 700H/700XH 入荷 2019年度の新作。30mm径のスプール、Tウィングシステム、超コンパクトボディーSTEEZ SV TWから継承している滑らかな巻き心地はG1ジュラルミンマシンカットドライブギアの賜物。そして、700サイズのスプールに合わせた新型「TWS」は「SV CONCEPT」と相乗効果を発揮し驚異のアキュラシー性能を実現する。 関連動画 https://www.youtube.com/watch?v=WAWmlZuR2h4

1785381

error: