リップラップガイドサービス2018リッ プラップガイドサービスの瀧川です。本日は琵琶湖でガイド業を行ってきましたのでリポートです。記録的な被害の爪痕を残した2018年秋の台風。琵琶湖本湖も増水と放水量の流れにより 一晩で様変わりしてしまいました。今年は状況変化の激しいシーズンを迎えており、訪れる釣り人の数もまばらな最近の琵琶湖でした。


秋の北湖釣行 ~ディープライン~

uesugisama
上杉様

本 日のゲスト様はリップラップガイドサービス19度目のご利用となる、三重県からお越しの上杉様です。ある日、突然ガイド申し込みを依頼をされて からのお付き合いです。クライアント様は ボートフィッシングを始めるために ①ガイドを利用 →②船舶免許取得 →③ボート操船練習 と段階的に事を進められている方です。本日はクライアント様のリクエストで北湖へ北上します。


天気予報

水位・雨量・放水量
日時 2018年 10月 14日 (日曜日)
琵琶湖水位 (6時平均) -31cm
洗堰放流量 (現在) 15m³/s
平均日雨量 (琵琶湖水域前年比) 0mm
水温 20.0℃

10月秋というのは 毎年、違う表情を見せる。今年の10月は暖かいが釣果は厳しい。


秋の釣り ~フォールパターン~

琵琶湖ガイド日記 8月4日 写真暑い夏が終わり、9月10月を迎えると バスフィッシング は徐々に難しくなってくる。理由は水温が下がり始めるために 水中が劇的に変わり始めるからだ。一般論からすると釣果が 2分 する。秋は釣れないというが、正確には釣る事が難しくなる。魚を掛けれる人は コンスタントに魚を ポンポンポン と掛けれるのだが、掛けれない場合は 極めてノーフィッシュ に近い状態で終わってしまう。また 秋は海の爆釣シーズンでもあり、琵琶湖で一本ブラックバスを釣るのならば 近海ではイカが20~30杯 or シーバスが 20~30尾 釣れるシーズンともなるので、海に行ってしまう方も多い。ただただ 一つだけ言える事は 晩秋 から 冬 にかけて湖上で 練習しないと上手くならない。


業務開始

上杉様、本日はよろしくお願いします。でスタートです。「去年の秋は惨敗でした。今日こそ…」


光差す朝。神秘的ですね。


ウィ~ンと北湖へ。


本日はマイアミ浜方面の沖にて ブリッブリッ のヤツを狙います。


バシュ~



まずはテキサスのフォールにて…




ヒット!


イエェ〜イ


ディープラインへ

次は本題の ウルトラディープ を攻略します。リグを浮かさない様に動かします。どうしてもラインを浮かせてしまい リグが流れてしまう。ゲスト様は苦手ですが、がんばります。


ヒット!


私にヒット!デカッ~


北湖の巨腹バス!


ゲスト様にもヒット!「まぁまぁなサイズ ジリジリ~」


おおっ


髭男爵でした。残念!


この後もディープラインを攻めましたが、大きいのは現れず…色々と挑戦して頂く一日でした。上杉様、本日はありがとうございました。また 次回よろしくお願いします。P.S 10月24日 ガイド予約頂きました。ありがとうございます。