釣果関係 >全部見る 琵琶湖(南湖)

琵琶湖(南湖)

こちらでは 琵琶湖(南湖) に関する記事を纏めてあります。また 琵琶湖(南湖) に興味ある関連付けされた 記事も追記してあります。是非回覧ください。

琵琶湖バスフィッシングガイドリポート ~上杉様~ 32cm 20

琵琶湖バスフィッシングガイドリポート ~上杉様~ 32cm

リップラップガイドサービスの瀧川です。本日は琵琶湖でガイド業を行ってきましたのでリポートです。今月から午前中の気温が10度代に突入。水温もシャローでは13度という場所もありました。いよいよ来週からは秋本番といった所です。 琵琶湖の"eF"を探せ! 上杉様 本日のゲスト様はリップラップガイドサービスを2度目のご利用となる、三重県からお越しの上杉様です。前回は7月27日。あれから一ヶ月後、琵琶湖に再度、来られて赤野井でポロポロ釣られたそうです。上杉様はある日、突然のご依頼を頂き、それから大会毎に激励のメッセージを頂くようになった。 本日は6:00に出発!既に5:00では暗い。 本日の天気予報。本日はお昼からそれ程の風は吹かなかったが、曇り空が広がった。 2015年10月10日(土) 6時の琵琶湖水位 -34cm 現在の洗堰放流量 15m³/s 前日の琵琶湖流域の平均日雨量 1.0mm 水温:20.80℃ タックル紹介今回のクライアント様のタックルの紹介です。DAIWA社のタトゥーラのギア比 7:3。本日はクライアント様にとって、初めてのディープラインを攻めにいきましたが、高弾性のロッドにハイギヤのリールで、ボートの流れも絡み非常に操作が難しい一日となりました。最終的にはキャロライナリグでカバーをした。 クライアント様:「ビワエフをいつも見てますよ〜!」私:「ありがとうございます。」クライアント様:「こないだの里さんは残念でしたね。加納さんもがんばってますよね。今度は私も大会に同船させてください。」私:「了解です。時間があえばいつでもいいですよ。」そんな会話の内容で話が進む... タックルの準備を済ませてスタートです。 出発出船! 向かうのは琵琶湖北湖の西岸です。 琵琶湖大橋を抜けます。 今日は山にうっすらと霧が停滞しており絶景の景色が拝めなかった。 ハイ。チ〜ズ。 いつもの場所に到着です。 本日はスッカラカンの反応でした。あのベイトは一体何処へ? 疾きこと、風の如く...徐かなること林の如し... キャストして様子をみます。 このサイズが入れ食いです。いたずら小僧に近いです。 上手くアジャストしても25センチまでの魚が... ヒットするだけです。 どうやら魚が動いていないようですが、通すラインにワームを通さないと喰わない感じです。そこでライトキャロを試してみる事にしました。 上杉氏にとっては初めてのリグです。 それでも初めての挑戦ですので、しっかり説明させて頂き実戦します。タフというよりかナローなアプローチが要求される一日でした。 ワームがウィードに当たったらティップで弾いていきます。かなり難しいそうでしたが、頑張ってやり切って頂くと...ヒットです。 32センチ (>°))))彡) がヒット。 私にも40近いのがヒットです。 ここでタイムアップとなり、本日は終了です。バイトは20回程あり、触れる魚は30アップが数本といった今週のリップラップガイドサービスの釣果でした。上杉様、本日はありがとうございました。またよろしくお願いします。 P.S お土産のチョコレートを頂きました有り難うございます。
琵琶湖ジャイアントワーム 夏 釣果

琵琶湖おかっぱりへ (2017年 7月25日) 35cmのワーム

ここ2.3日は 忙しい日々が 続いています。本日も行ったり来たり、ダンボール運んだり閉まったり... 夕方はリップラップ店に出勤でしたので、途中で 30分程の琵琶湖おかっぱりへ。さぁ釣れるのでしょうか? 天気予報 水位・雨量・放水量 日時 2017年 7月 25日 (火曜日) 琵琶湖水位 (6時平均) -17cm 洗堰放流量 (現在) 50m³/s 平均日雨量 (琵琶湖水域前年比) 5.0mm 水温 28.9℃ 本日も曇り予報だった。先週から近畿地方は 曇り 時々 晴れの日が続く。 本日も...
琵琶湖ロングワーム釣行日記 写真

琵琶湖バスフィッシングガイドリポート ~里様~ 48cm

リッ プラップガイドサービスの瀧川です。本日は琵琶湖でガイド業を行ってきましたのでリポートです。一昨日から近畿地方も久々の雨予報でした。ただ依然として纏まった雨は降らず。例年よりは大型は釣れている琵琶湖ですが、エリア選定に難しい今年の琵琶湖でした。 夏のロングカーリーワームに挑戦する! 里様 本 日のゲスト様は大阪からお越しの里様です。2年前のある日に「カバー撃ちをやりたいんです」と問い合わせを頂き、それからからのお付き合いです。自分はクライアント様にはプライベートな質問は一切しません。ただ一生懸命にバスをやりたい、自分の好きなタックルとルアーでデカバスを狙いたい。といった目的意識の高いクライアント様です。本日は去年から約束を受けていた「10インチ ロングワーム釣行」です。 天気予報 水位・雨量・放水量 日時 2017年 6月 27日 (水曜日) 琵琶湖水位 (6時平均) -21cm 洗堰放流量 (現在) 15m³/s 平均日雨量 (琵琶湖水域前年比) 0.3mm 水温 24.8℃ 本日は梅雨前線が停滞しており、曇天微風日でした。 タックル紹介 ゲスト様のタックル紹介です。既に10本以上のロッドを所有されており、なんでも対応できる状態になっている。本日はミディアムライトのロッドに12ポンドラインをセット。ワームは10インチの ZOOM社 オールドモンスター "通称 オルモン"...
琵琶湖バスフィッシングガイドリポート ~竹中様~ 36cm 14

琵琶湖バスフィッシングガイドリポート ~竹中様~ 36cm

リッ プラップガイドサービスの瀧川です。本日は琵琶湖でガイド業を行ってきましたのでリポートです。8月21日。お盆休みも終わりは湖上は静かな様子。ただ水温は以前として30度を記録。人間も魚も夏バテしている今週の琵琶湖でした。 ロッド選びは慎重に ~夏のデカバス~ 竹中様 本 日のゲスト様はリップラップガイドサービスお馴染みの竹中様です。普段は先輩と一緒にに北湖でデカバスを狙っているそうです。今年からはビワコオープンに参加されるという事でリップラップガイドサービスを月に2回程のご利用です。本日は前回に続きチャンネルラインからカバーまでを見てみるプランでスタートです。 一昨日に北,南,北東からと台風が3つも発生した。結局、本日は湖上には風の影響はあらず。 2016年8月21日(日) 6時の琵琶湖水位 -39cm 現在の洗堰放流量 17m³/s 前日の琵琶湖流域の平均日雨量 0mm 水温:30.5℃ 本日は再度のエンジン慣らしを兼ねて北は ①野洲川 から南は ②膳所公園前までのロングラン。最終的には ③本湖チャンネルラインでの数釣りとなりました。 おはようございます。竹中様。本日はよろしくお願いします。 まずは北の野洲ゾン川へ行きます。雨の影響で流入河川周辺が変わっているのかチェックです。 ここではフロッグでチェックです。わくわくしますね。 結局、ゲスト様にワンバイトでのらず... 暗くなってっきたので膳所公園前に移動です。 ありがとう!北湖。ありがとう!日本。 エンジンは完全回復! ドゥイ〜ン 膳公園前はマットだらけでしたが、ゲスト様はパスしたいとの事で本湖チャンネルラインへ移動です。 魚はかなり夏バテ気味です。35〜40までがポロポロといった感じです。 ヒット! ヒット!「竹中さん。そろそろ大きいのを狙いに行きましょう!」 スーパーマリオ雲! 12メートルのハードボトムとウィードの生え際を狙います。ロングカーリーでゆっくりとズルズルと引きます。 ヒット!デカイですよ。ドラグが止まりません。ジリジリ〜 デカすぎです。 バチ〜ン。ラインブレイク... 6ポンドのフロロがラインブレイク。ロッドが絶えきれなかったですね。すいません。 ここでタイムアップとなり本日の業務は終了です。かなり厳しい展開でした。竹中様、本日はありがとうございました。またよろしくお願いします。
琵琶湖バスフィッシングガイドリポート ~田井中様~ 43cm 24

琵琶湖バスフィッシングガイドリポート ~田井中様~ 43cm

リップラップガイドサービスの瀧川です。本日は琵琶湖でガイド業を行ってきましたのでリポートです。今週の琵琶湖の状況ですが、心配していた台風21号は 北西 ユーラシア大陸方面に大幅に反れた模様。今週から朝とお昼の気温差が約10度程もあり、一日を通して魚を狙う時間帯が難しいようにも思えました。 ターンオーバーを克服セヨ!秋バスへの挑戦。 本日のゲスト様はリップラップガイドサービスのご利用は初めてとなる、田井中様です。最近まで東京に住んでおられ、今は一時的に滋賀県に在住だそうです。クライアント様の弟様がバスフィッシングが大好きだそうで、最近またバスを再会されたそうです。普段は仕事が忙しくなかなかボートフィッシングができないそうです。本日はクライアント様が挑戦したいピッチングの釣り。そして希望するエリア2.3ヶ所。そして私のオススメエリアの紹介等々、いろいろ纏めてご案内させて頂きました。 9月28日の朝。本日の朝は車の通行量も多かった。月末の平日の朝は騒騒しい。もう9月も終わりです。 本日の天気予報。本日は全面的に北風が強かった。お昼からは真夏日のような日差しだった。 2015年09月28日(月) 6時の琵琶湖水位 -31cm 現在の洗堰放流量 15m³/s 前日の琵琶湖流域の平均日雨量 0.6mm 水温:23.20℃ タックル紹介クライアント様が持ち込んだタックル。ベイトタックルのみ。リールはシマノ&アブ。ロッドはシマノのゾディアスやエクスプライド。この辺りのロッドはコストパフォーマンスは凄いと思う。アメリカ製品のようにガイドが曲っていたり、スレッドがしっかり巻けていなかったりと、検品業務もしっかり行われているのが素晴らしい所。本日はリールのブレーキブロックが欠品しており、鬼バックラッシュの嵐でクライアント様のピッチング練習が出来なくなってしまった。次回からは予備のブレーキブロックを用意しておかなければならないと思った。 同時にクライアント様が持ち込んだ O.S.P社のドライブシャッド 4.5 このワームが大のお気に入りとの事。「このワームで釣りたい!釣れる場所に釣れていって欲しい!」とのリクエストを頂いた。 出発出船! 朝から日差しが強い琵琶湖。 今週は魚のバイトタイムがレイトアフタヌーンにシフトしている様子。それなので午前中はテキサスのピッチングの練習に移動です。 クライアント様はまだテキサスで釣った事がないそうで、ゆっくり撃っていってもらう事にしましたが、リールのバックラッシュに悩まされます。 次にカナダ藻の奥を撃ってみたり、ノーシンカーをやったりといろいろ試します。 本日はバイトがとても遠い一日。 再度、移動です。 この辺ですかね〜 スイムベイトやってみます!デカバス釣りたいです。 了解!これ位のスピードで巻くのがいいと思います。 結構、コンコン。アタリますよ! ゲスト様にヒットです!激しい魚です。 〜ジャバ〜ン!!〜 お〜!! 43センチ!!(>°))))彡) イェ〜イ。 私にも...ヒット! ヒット! ヒット! ヒット!42センチ。 ここでタイムアップです。次回はレンタル用のリールも用意しておきます。田井中様、本日はありがとうございました。またよろしくお願いします。
琵琶湖バスフィッシングガイドリポート ~吉武様~ 53cm他 24

琵琶湖バスフィッシングガイドリポート ~吉武様~ 53cm他

リップラップガイドサービスの瀧川です。本日は琵琶湖でガイド業を行ってきましたのでリポートです。今週の琵琶湖の状況ですが、先週末に台風が接近して大雨になり、琵琶湖は大増水しました。水位は未だに上がったままで放水も全開放水。本湖チャネルラインで小型は釣れるが、大型を狙うのが難しい状況でした。 サーチフィッシングを克服セヨ!! 本日のゲスト様は京都市からお越しの吉武様です。京都嵐山の観光地の直ぐ近くに住まわれているようで、琵琶湖ではよくボートをレンタルされて、月一度は出船されるそうです。今回のリクエスト&お題は「本湖で1から魚を探して最終的に50アップを仕留めたい!」あと、ヘビーカバーのパンチングも興味ありますので一緒にお願いします。といったリクエストでした。 本日は曇り時々の晴れ。天候的にはトップ日和だが、一昨日のチャプター京都の水質からすると、魚が沈んでいる様子と予想した。 2015年07月21日(火) 6時の琵琶湖水位 2cm 現在の洗堰 全開放流 前日の琵琶湖流域の平均日雨量 0mm 水温:24.20℃ タックル紹介本日のクライアント様のタックルの紹介です。 ロッド:キスラー・H3 MH74XF リール:メタニウム(テキサス用) ロッド:キスラー・H3 ML70F リール:バイオマスター(ダウンショト用) ロッド:モーラ・711XXH リール:シマノ(パンチング用) ロッド:シマノ・AKRAB リール:シマノ(スピナーベイト&トップ用) おおよそだが、トップからディープ。そしてカバーと素早く探れるように4本に絞った。とにかく素早くサーチして50アップに辿り付くのが今回の目標という事でもあった。今回は活性の高い魚を頭順に並べて、水底等高線アウトサイドエッジのトップレンジ(ポッパー)→ミドルレンジ(スピナーベイト)→インサイドエッジのトップ(ポッパー)→ミドルレンジ(ミノー)→アウトサイドエッジのボトム(ヘビダン、キャロ)→インサイド=シャローのカバーとルーティーンを組んだ。これに水温の要素が必要となるとすれば北南間の移動で調整するといったプラン。 出発です。がんばりましょう! まず朝一は本湖チャンネル部のアウトサイドのエッジのトップを狙います。詰め将棋の様にパターンを実行して魚を追いかける事にしました。ルアーはティムコ社のコーリングペッパーです。 ここで出たら大きいですよ!次の瞬間「ボコッ」ウォ〜。大きいか? ありゃま!これはないですね。という事で今度はインサイドのエッジに移動です。 今日から梅雨空けで気候がガラッと変わっていました。 ここでもポッパーです。バコ〜!ウォ〜。 またまた小さいサイズ。今日はトップはダメですね。という事でまたアウトサイドのディープ4メートルレンジへ移動する事にしました。 ここではバークレー社のパワーホグ3インチ、7グラムのヘビダンでウィードのエッジを狙います。本日のワームは全てこのパワーホグのみを使用してリグを変えて、釣りに一貫性を持たせる事にしました。*理由は釣れた原因がワームでは無いと言う事を証明する為にです。 鮎が纏まって映りましたので、ヘビダンを投入して頂いて少し待っていると... このサイズが駆けずり回っているようです。「今日は沖で狙うのは難しそうですね。シャローカバーでいいのが釣れそうです。移動しましょうか?」と提案させて頂き移動です。 赤野井から下物のカバーへ移動です。本日は貸し切り状態です。 ここではヌンチャクリグ=ジカリグ14グラムで狙います。 気温も上がり熱いですが、気合いで撃ち抜きます。アチャ〜。オチャ〜。トウガン・リー。次の瞬間「ゴンッ」バイトです。 来ましたよ!サイズアップです。 次はカバー周辺の浮いている魚を5グラムのテキサスで狙います。チョイパンチ釣方。もうこれでしかないな...と王手!大きいのこい! ゆっくり狙います。ゆすって入れては...落としてを繰り返していくと... ムニュ〜。ビックバイト〜!! デカイですよ。落ち着いて...落ち着いて ガッゴ〜ン!!...

最新の記事

琵琶湖バスフィッシングガイドリポート ~里様~ 42cm

リッ プラップガイドサービスの瀧川です。本日は琵琶湖でガイド業を行ってきましたのでリポートです。年末から 纏まった雪が降らなかった滋賀県南部、例年よりも暖かい冬を迎えております。フィールドの最新情報は 水温は気持ち高め、釣り人はやや少なめ、オカッパリ人口はやや増加 といった感じです。 動き始めた魚 ~強(ワイド)と弱(タイト)を使い分ける~ 里様 本 日のゲスト様は大阪からお越しの里様です。3年前のある日に「カバー撃ちをやりたいんです」と問い合わせを頂き、それからからのお付き合いです。普段は 琵琶湖水系でオカッパリを楽しんでいるそうです。本日は ディープラインの繊細な釣りにてグッドサイズを狙いましたが、残念ながら捕獲できず。難しい展開となった一日でした。 天気予報 水位・雨量・放水量 日時 2019年 3月 23日 (土曜日) 琵琶湖水位 (6時平均) -2cm 洗堰放流量 (現在) 43m³/s 平均日雨量...

1788527

error: